映画:大木家のたのしい旅行 新婚地獄篇



 暗い話題が多いので、楽しい作品を観たいということで、大木家のたのしい旅行 新婚地獄篇を見てきました。まぁ、本音は水川あさみの入浴シーンなんですけどね(^^;;



●ストーリー(ネタバレあり)
 長い同棲生活の末に結婚した大木信義(竹野内豊)と咲(水川あさみ)。なし崩し的に結婚した2人はすでに倦怠期のような感じ。心機一転、新居のマンションに引っ越してみたものの、気分は盛り上がらない。段ボールで囲まれた2人だが、夕飯のために炊飯ジャーを探すが見つからず、痴話げんかを始めてしまう。
 咲は駅前のスーパーに買い物に行くが、そこで怪しいコートを着たびしょびしょの男(柄本明)とすれ違う。その濡れた男はなんと咲たちの炊飯ジャーを持っている事に気がついた咲は慌ててその男を追いかける。スーパーの屋上までやってきた咲だが、濡れた男の足跡は怪しげなバスタブに続き、その男の姿は見当たらなかった。
 屋上から階段を下りてきた咲は、占い師の女(樹木希林)に、「捜し物?」と声をかけられる。探している炊飯ジャーなら地獄にあるわよと、地獄ツアーのチラシを渡される咲。
 なぜ炊飯ジャーを探しているのがわかったのか不思議に思った咲は翌日信義を連れて再び占いコーナーにやってくる。いかにも怪しげな占い師と助手の但馬(片桐はいり)に誘われ、2人は地獄ツアーに参加することになる。
 1泊2日の旅支度をした2人は待ち合わせ場所であるスーパーの屋上にやってくる。そしてガイドツアーかガイドなしのお得な地獄甘エビ食べ放題ツアーかを選択させられる。信義は得体の知れない地獄甘エビに興味を示し、またガイドのいない自由な旅をしたいと地獄甘エビツアーを選ぶ。
 そしていよいよ地獄への出発の時、但馬に言われてたどり着いた地獄への入口とは例のバスタブだった。信義は恐る恐るバスタブの汚い水に手を入れるとあれよあれよという間に引きずり込まれ、バスタブに飲み込まれてしまった。驚いた咲も跡を追う。
 気がつくと2人は森の中の道にいた。何があっても振り向いてはいけないというこの道を抜ければ宿はすぐそこのはずだった。しかし2人の後ろではカーニバルが行われ、しかも友人の浦澤ヒデ(山里亮太)が祭られているのだった。気になった2人はつい振り返ってしまう。
 その瞬間2人は別の場所にテレポートされてしまう。自分の居場所がわからなくなった2人は地獄をさまよい歩くことに。2人はそこにいた赤い顔をした人(でんでん)に道を聞こうとするが、なにやらすごい剣幕で怒っている。2人は逃げ出すが、赤い人はあちこちから集まってきてピンチに!そんな2人を助けたのは蒼井肌をした少女・ヨシコ(橋本愛)に助けられる。
 ヨシコの話では地獄では青い人か赤い人になってしまう。しかも時々それが入れ替わったりするのだ。赤い人は言葉がわからず怒ってばかり。しかし芸術のセンスは抜群だという。ヨシコの友達も赤い人になってしまい、彼女が作ったコースターを大事にしていた。
 そして2人はホテル・いいじま屋に送ってもらえることに。お礼を渡した方がいいよね?でも地獄での相場ってどのくらい?そもそも日本円使えるの?とりあえず3,000円を渡すが、多いと2,000円返されてしまう。それでも多いからお礼にマーケットを案内するから夜に迎えに来るという。
 2人はホテル・いいじま屋の日本人の接客担当いいじま(荒川良々)から部屋の鍵を渡されるが、400階以上あるホテルなのにエレベーターはなく螺旋階段で部屋のある22階まで上る。汗だくになった2人はホテルに用意されているゆかたと野球のコスチュームに着替えて46階にある温泉に向かう。
 その温泉は、ビーフシチュー。2人はビーフシチューに浸かりながら話をしているが、気がつくといつの間にか流され、排水溝に吸い込まれそうに。必至で泳ぐ2人だが途中でのぼせ上がって船頭に助けられる。
 ちょっと休んだ2人は部屋に戻って名物の地獄甘エビの食べ放題に。いいじまが準備している間に除いてみようとする信義だが、いいじまに注意される。地獄甘エビは穴に入りたがる習性があり、人間の鼻や目に入ってくると言うのだ。2人はいいじまの言う通り、ゴムチューブを突っ込んで捕まえ、それをテーブルにたたきつけて殺して食べる。味は悪くないが、どうも食べた気のしない2人。
 食事を終えた2人は再びヨシコに会う。彼女は2人の弟(平田敬士、鈴木福)も連れてきた。5人はナイトマーケットへと向かう。ナイトマーケットを楽しむ5人はいつしか本当の親子のように。別れの時間が近づくにつれ、別れるのが寂しく思えてきた。そしてヨシコは別れ際に、「お願い。私たちを産んでください。」と咲の耳元でつぶやく。
 翌朝、いいじまはこの世に戻る前に散歩に誘う。死んでいない人間も地獄にしばらくいると青か赤の人になってしまう。いいじまは先立たれた妻を捜しにやって来て、そのまま青い人になってしまったのだ。しかし地獄に来てもまだ妻に再会できないでいた。
 そうこうしているうちに3人は濡れた男に会う。いいじまは何でも知っていると言う濡れた男に自分たちの番はまだか?と問うが、まだだと答えられる。咲はいいじまにどういうことか訪ねると、この世で誰かが産まれるというのは、地獄の人がこの世に戻ってくると言うことなのだ。いいじまは妻と自分が再びこの世に産まれ、この世で再会することを待ちわびているのだ。咲は、ヨシコが別れ際に残した言葉の意味を理解した。
 さらに咲たちは炊飯ジャーを見つけた。以前信義が使っていた炊飯ジャーも一緒にあった。中にはおいしいご飯が炊かれていた。
 そうこうしているうちに2人はこの世に戻る時間がやってくる。



●感想、思ったこと(ネタバレあり)
 あはは。おもしろい!これ考えた人すごい。想像力豊かだなぁ~。まだすべての荷物が段ボールに入っているのに、なぜ洗濯物が干されているのかとか、細かい突っ込みどころはあるけど、楽しくもちょっと心が温まるエピソードもあって、癒されました。
 期待の水川あさみの入浴シーンは、まぁ予想していた通り普通でしたね(笑)。そこまで流されてたら気がつけよ!っていうかお風呂なのに足つかずに入浴してたの?泳いでいる時も足ついてるでしょ。ちゃんと泳いでくれればおしりが・・・。そしてのぼせているのにいつの間にかゆかた着てるし…。のぼせてる時くらいバスタオルだけでいて欲しかった(笑)。しかも化粧はそのまま。そもそもなぜあれでビーフシチューってわかるんだろ?かなりショボイ具でしたよね。ちなみに僕はカレー温泉や緑茶温泉、日本酒温泉、ワイン温泉、コーヒー温泉なら入ったことありますよ~(その時の記事はこちら。)。
 竹野内豊は今まで固い役のイメージだったのですが、コメディ作品に。ちょっと意外。そのギャップが観ていて楽しい。バカバカしいシーンもまじめに演じていてそれだけでおもしろい。
 観ていてゲンキのもらえる作品でした。

 そう言えば、(たぶん)五反田でロケをやっているわけではないのになんで五反田なんだろう?と思ったら、原作の前田司郎さんが旗揚げした劇団が五反田団っていうんですね。




観て良かった度:●●●●○ 4点 最低1点、最高5点






※2010/11/01よりAmazonが配送する商品の配送料が無料になりました。




ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 3

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
かわいい

この記事へのコメント

ふじき78
2011年07月14日 23:08
こんちは。
きりん&はいり、がうさんくさくて良かったですねえ。もう、本当希に見るうさんくささ。
2011年07月15日 03:52
ふじき78さん、こんばんは、
樹木希林、片桐はいり、特にはいりのうさんくささは笑えましたね~。他の観客があまり笑ってなかったので、笑いをこらえるのが大変でしたよ~。人形を浸かったシーン、めちゃくちゃ受けました。
2011年07月16日 11:32
下らない笑なんですが、意外とセンスが良くて好きでした。
「ビーフシチュー温泉」なんてありえないやろ~と
ツッコミながら観ていましたが、それっぽいの、あるんですね。
リンク先も覗かせてもらいました。
カレー温泉、後で匂いそうだなぁ。
2011年07月17日 17:47
ほし★ママ。さん、コメントありがとうございます。
なんか、熱海に有名なビーフシチュー屋さんがあるんだか、熱海自体がビーフシチューで有名なんだかなんですって。そして箱根の大涌谷、あの当たりのイメージでくったと誰かのブログに書いてありましたよ。何でびーふしちゅーやねん?って思いますものね。
カレーは、、、そこまで濃くなかったので大丈夫ですよ(笑)

この記事へのトラックバック

  • 大木家の楽しい旅行 新婚地獄篇(2011-030)

    Excerpt: 大木信義(竹野内豊)と妻の咲(水川あさみ)は 新婚にもかかわらず、すでに倦怠(けんたい)期を迎えているような状態。 新居に引っ越しをしてみたものの雰囲気が良くなることもなく、痴話げんかが絶えない... Weblog: 単館系 racked: 2011-07-03 23:23
  • 『大木家のたのしい旅行 新婚地獄篇』をシネマート六本木2で観て、本田らしいなふじき☆☆☆

    Excerpt: 五つ星評価で【☆☆☆押し寄せるような笑いじゃないから誉めづらいんだよなあ】 一番いいのがチラシのデザイン。 このチラシのデザインに こんな風に映画が作られるべきだとい ... Weblog: ふじき78の死屍累々映画日記 racked: 2011-07-04 22:05
  • 『大木家のたのしい旅行 新婚地獄篇』 晴れた日は映画を観よう

    Excerpt:  「晴れた日は映画館へ行こう」というのは、『ホタルノヒカリ』の主人公・雨宮蛍が、ユナイテッド・シネマ浦和のオープンのために考えた惹句である。  天気の良い週末、別になんの予定があるわけでもなく... Weblog: 映画のブログ racked: 2011-07-12 07:59
  • 大木家のたのしい旅行 新婚地獄篇

    Excerpt: 公式サイトシュールな展開と濃い脇キャラが、愛を探す天然カップルの旅を彩る。いまひとつ笑えなかったのは私だけか??!!大木信義と妻の咲は、長い同棲生活の末に、なし崩し的 ... Weblog: 映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評 racked: 2011-07-12 08:40
  • 大木家のたのしい旅行 新婚地獄篇

    Excerpt: 空気に流される日本人は地獄も平気で旅する 公式サイト。前田司郎原作、本田隆一監督、竹野内豊、水川あさみ、樹木希林、片桐はいり、荒川良々、橋本愛、でんでん、山里亮太(南 ... Weblog: 佐藤秀の徒然幻視録 racked: 2011-07-12 10:22
  • 大木家のたのしい旅行 新婚地獄篇/竹野内豊、水川あさみ

    Excerpt: どこかで竹野内豊さんがコメディー映画に初挑戦したと聞いて、あの二枚目俳優が大丈夫かなと思いましたけど、劇場予告編を観たら案外イケるじゃないの?という感じだったので楽し ... Weblog: カノンな日々 racked: 2011-07-13 21:14
  • ■映画『大木家のたのしい旅行 新婚地獄篇』

    Excerpt: 竹野内豊と水川あさみが、長い同棲を経て、なし崩し的に結婚してしまった新婚カップルを演じたコメディ映画『大木家のたのしい旅行 新婚地獄篇』。 あんまりコメディのイメージが亡い竹野内豊ですが、テンシ.. Weblog: Viva La Vida! <ライターCheese の映画やもろもろ> racked: 2011-07-15 00:17
  • 『大木家のたのしい旅行 新婚地獄篇』

    Excerpt: '11.05.03 『大木家のたのしい旅行 新婚地獄篇』(試写会)@東商ホール yaplog!で当選。いつもありがとうございます。試写会応募する際には、そのタイトルやドタドタっぽいチラシが、竹野内豊.. Weblog: ・*・ etoile ・*・ racked: 2011-07-15 01:18
  • 「大木家のたのしい旅行 新婚地獄篇」

    Excerpt: 2011年・日本/配給:ギャガ監督:本田隆一原作・脚本:前田司郎 劇団「五反田団」の人気劇作家、前田司郎の同名小説を、原作者自身の脚本により映画化。監督は「GSワンダーランド」の本田隆一。 同棲生活4.. Weblog: お楽しみはココからだ~ 映画をもっと楽しむ方法 racked: 2011-07-15 06:06
  • 映画『大木家のたのしい旅行 新婚地獄篇』劇場鑑賞。

    Excerpt: ゴールデンウィーク明けの土曜日、母の顔を見に和歌山に行きました。 最近、途中で必ず立ち寄るのが「天理PA」(公式サイト) Weblog: ほし★とママのめたぼうな日々♪ racked: 2011-07-16 11:33
  • 「大木家のたのしい旅行 新婚地獄篇」

    Excerpt: 「大木家のたのしい旅行 新婚地獄篇」ユナイテッドシネマ豊洲で観賞 2011-046 竹野内初コメディーというので壊れぶりを見に行きましたが、全く壊れた様子はありませんでした。 どこ角度から見.. Weblog: てんびんthe LIFE racked: 2011-07-22 10:28
  • 大木家のたのしい旅行 新婚地獄篇 まとめ

    Excerpt: 大木家のたのしい旅行 新婚地獄篇 公式サイト   映画『大木家のたのしい旅行 新婚地獄篇』公式サイト 大木家のたのしい旅行 新婚地獄篇 あらすじ・ストーリー 大木信義(竹野内豊)と咲(水川あさみ)は.. Weblog: 映画まとめてみました racked: 2011-07-26 21:19
  • 大木家のたのしい旅行 新婚地獄篇

    Excerpt: 地獄に落ちて、 シアワセになろう。 シアワセ探しに 地獄ツアーへ .. Weblog: 『映画評価”お前、僕に釣られてみる?”』七海見理オフィシャルブログ Powered by Ameba racked: 2011-09-03 23:39
  • 大木家のたのしい旅行 新婚地獄篇

    Excerpt: すでに倦怠期のような新婚さんの大木信義と妻の咲。竹野内豊さんとか久々に見た気がする。妻は氷川あさみさん。 彼らが赴くことに成る「地獄」は、入り口がデパートの屋上のバスタブだったり血の池がビー.. Weblog: いやいやえん racked: 2011-11-26 09:07
  • 大木家のたのしい旅行 新婚地獄篇

    Excerpt: 大木家のたのしい旅行 新婚地獄篇 ★★★★☆(★4つ) 面白いっ!これ。声出して笑っちゃった。 ゆる~い感じと、「そうそう!それ思う」っていうツボを押さえている。 細かい、くだらないことに男っ.. Weblog: 食はすべての源なり。 racked: 2011-12-07 11:40
  • 【大木家のたのしい旅行 新婚地獄篇】地獄、往復19800円、こけし付き

    Excerpt: 大木家のたのしい旅行 新婚地獄篇 監督: 本田隆一    出演: 竹野内豊、水川あさみ、樹木希林、片桐はいり、荒川良々、でんでん、橋本愛、柄本明、鈴木福、平田敬士 公開: 2011.. Weblog: 映画@見取り八段 racked: 2011-12-14 19:27