鍵井 靖章 写真展:青い地球のカシュ



 品川にあるキヤノンギャラリー Sにて開催されている鍵井靖章さんの写真展“青い地球のカシュ”を見に行ってきました。

 開催概要はこちら

 “カシュ”とはフランス語で“隠れ家”の意味。サンゴの合間に隠れる魚たち。毒を持つイソギンチャクに隠れるために毒に耐性を持つようになったクマノミ、岩陰に隠れる魚たち。幻想的な写真が展示されています。
 その他にも地球最大の魚類であるジンベエザメ、飛行機のように優雅に海の中を飛ぶマンタなど雄大な魚や、小さい生物たち。個性的な写真も多くて見応え充分です。


 7/8(金)に伺ったのですが、翌日の9日(土)には鍵井さんの公演も行われたんですね。残念ながらそちらは参加することはできませんでしたが、8日にも鍵井さんが会場にいらっしゃっていて、いろんなお話を伺うことができました。器材も見せてもらいました。
 もともとは何度か行ったことのある八幡野というポイントのガイドさんだったそうで、お話の仕方もうまい。とても引き込まれます。そうこうしているうちに知人の方が見えたらしく、鍵井さんはそちらへ。残された僕と受付嬢でちょっとお話をして帰ってきました。
 僕もいつかは個展を開いてみたいですね~。












ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

cozicozy
2011年08月08日 10:59
すごく気になる展覧会です。

碧い世界、好きなんです。

間もなく展覧会終了なのは残念。

なかなかきっかけが無いと出向かない品川へ、足が向きそう...
行きたい気持ちになっています。


素敵な展覧会を知りました。
有難うございます^^
2011年08月09日 01:28
cozicozyさん、こんばんは。
いよいよ今週の木曜(8/11)までですね~。
9/4まで銀座のリコーフォトギャラリーで“写真展「海獣たちとにらめっこ」”というのもやっています。詳しくは右のURLをクリックしてみてください。

この記事へのトラックバック