映画:ゴーストライター



 ゴーストライダーとは名前は似ているけど全く違う作品でした。(当たり前か。)と言うわけで、ゴーストライターを見てきました。
 っていうか、自称映画ブログのくせに映画の記事は20日ぶり・・・。見たのは1ヶ月以上前・・・orz


●ストーリー(ネタバレあり)
 元英国首相アダム・ラング(ピアース・ブロスナン)の自叙伝執筆を依頼されたライターが、取材中にフェリーから転落し、溺死してしまうという事故が起こった。出版社は急いで後任を探さなければならなくなった。何人かの候補が選ばれ、面接へと向かっていた。その中の一人(ユアン・マクレガー)は、政治に興味がなくこの仕事に乗る気ではなかった。一方、彼の代理人は25万ドルという破格の報酬にノリノリ。消極的な受け答えをしたもののそれが出版社の連中に気に入られ、彼はゴーストライターとして、自叙伝を書くことになってしまう。
 出版社の言われるがまま、その足で飛行場へと向かう“ゴースト”。ラングが滞在する島に今夜中に向かわなくてはならないためだ。ところが途中で謎の男に頭を殴られ資料を盗まれてしまう。さらに空港の待合室ではイスラム過激派のテロ容疑者に対する不当な拷問にラングが荷担していた疑いがあるというニュース速報が流れていた。そして東海岸の島へと向かうフェリーに乗り継ぐが、そのフェリーは前任者のマカラが泥酔して落ちたフェリーだった。次第にこの仕事に不安を抱き始める。
 ラングの滞在先に訪れたゴーストだが、建物に入るなり女性の怒号が耳に入る。ラングの妻のルース(オリヴィア・ウィリアムズ)の機嫌が悪いのだと教えてくれたのは専属秘書のアメリア(キム・キャトラル)だった。守秘契約の書類にサインをすると、原稿はこの建物からいっさい持ち出すことを禁じられ、マカラの原稿も席を離れるときは棚にしまい、鍵をかけるようにいわれた。執拗なセキュリティにやりにくさを感じるゴーストだった。
 ゴーストは早速アダムの取材を行う。政治を志すきっかけとなったのは、妻であるルースとの出会い。党員であるルースに惹かれたアダムも党員になり、政治活動を始めたという。一方、前任者のマカラの原稿を読むが、これがまたつまらない。ルースはほぼ全面書き直すことを決意するが、マカラがこんな書き方をするということ自体、違和感を覚えていた。
 過激派への不当な拷問に対し世論が動き、さらに国際情勢もまでがこの件を調べるようになるまで発展して行ってしまった。ラングの滞在先にまで抗議デモが集まる。ルースの助言でアメリカの副大統領に面会をすることにする。ゴーストはその準備の合間に、マカラの引き出しに隠された資料を見つける。それによるとラングとルースとが出会う前からラングは党員だったのだ。なぜラングは嘘をつく必要があるのか。ラングに追求するが、その書いた方がロマンチックだろとはぐらかされてしまう。
 ラングへの質問とは別に調査を始める“ゴースト”。その結果、ラングの拷問はCIAからの要請だった可能性がでてきた。それどころかラング自身がCIAの諜報員なのではないかとも思えてきた。マカラはその事を知ったために消されたのではないか。地元の人の話では、フェリーの途中で海に落ちたなら潮の流れで遺体が打ち上げられた浜には流れ着かないという。そればかりかマカラの遺体が打ち上げられた浜で光が見えたという証言もある。その証言の信憑性を確かめようと、目撃者の居場所を聞き出すが、階段から落ちて意識不明だという。
 “ゴースト”は、マカラが殺されるときにどこに向かっていたのか。カーナビの履歴をたどることにする。ついた先は隠されていた資料の中にあった写真の主の家だった。その帰り“ゴースト”は何者かに尾行されていることに気がつき、追跡者をまいてフェリーから下りてしまう。
 フェリー乗り場の近くで身を隠す“ゴースト”はマカラの資料にあった電話番号に電話をかける。その電話の主はラングの政敵のライカートだった。“ゴースト”は、ライカートもラングがCIAの諜報員ではないかと疑い、マカラをスパイとしてラングのもとに差し向けていたのだ。ライカートは“ゴースト”にマカラの後を引き継いで欲しいと依頼し、再びラングのもとに戻ることにする。
 ラング、ルース、秘書のアメリアらとともに、副大統領のいるニューヨークへと向かう。ところが飛行機から降りたラングは何者かに狙撃され、すべては闇の中に葬られてしまう。

 数ヶ月後、アメリアに誘われ、自叙伝の発売記念のパーティーへと向かう。しかしそこで、マカラの原稿を再び読み返すと、、、マカラがこの原稿に忍ばせた驚愕の事実を見つけてしまう。CIAの諜報員だったのはラングではなく、ルースだったのだ。それを知った“ゴースト”はパーティー会場を後にするが、猛スピードでやって来た車に跳ねられてしまう。



●感想、思ったこと(ネタバレあり)
 冒頭、暗い陰鬱な雰囲気のフェリー。先頭にいる車は動かず、他の車がどんどん出ていく。最後に1台だけ取り残された車はレッカーで移動されていく。何が始まるんだろうと期待が高まる出だしです。見せ方がうまいよね~。最近の映画にありがちな派手さはないのに、胸が高まっていく。さすがロマン・ポランスキーです。(って、彼の映画って戦場のピアニストしか見たことないけどね。)
 少しずつ明らかになっていく事実。主人公と一緒になって観客もドキドキし、物語に引き込まれていきます。前半はとてもサスペンスチックでいいのですが、、、途中、主人公と夫人が寝るんですが、その当たりから僕には理解できなくなってきました。寝る必要性は?アメリカ映画ってそう言うシーンがないとダメなんですかね。その時点から映画の世界から締め出されてしまった感覚。
 あげくに、すべての秘密は、冒頭から意味深に出ていた、最初が肝心みたいな一文。結局ラストになって気がつくんですけど、その場で気がつくくらいならもっと前から気がつかなかったのかなぁとか、パーティーから立ち去った後の主人公の結末も予想できるし。前半がおもしろかったのに、後半は拍子抜けになってしまった感じで、残念な作品でした。





観て良かった度:●●●○○ 3点 最低1点、最高5点











この記事へのコメント

愛知女子
2011年11月03日 18:22
よしなさん、こんにちは!
拙ブログにトラバ賜りましてありがとうございます!
見せ方が面白かったですよね!台詞も色々凝ってました。
舞台はアメリカという事になってますが
ポランスキー氏は確かアメリカに入ると逮捕されてしまう可能性があるからアメリカでは撮影出来ないそうです。
ですからこの撮影場所はアメリカではなくヨーロッパのどこかなんでしょう。
パンフレットにはフランス、ドイツ、イギリスの合作になってます。




2011年11月05日 11:12
愛知女子さん、こんにちは。
演出がうまい作品でしたね。残念ながら「おもしろい!」とは思えなかったものの、演出は秀逸だったと思います。
そう言えば淫行容疑で有罪判決がでてたんでしたよね。どなたかのブログでドイツ、ジルト島と書かれていましたが、野化の方のブログではフランスと書かれても今した。でもアメリカではないことは確かそうですね。

この記事へのトラックバック

  • ゴーストライター

    Excerpt: 『戦場のピアニスト』でアカデミー賞監督賞を受賞した巨匠ロマン・ポランスキー最新作。原作はロバート・ハリスの同名ベストセラー小説だ。元英国首相のゴーストライターとなった主人公が、思わぬことから重大な秘.. Weblog: LOVE Cinemas 調布 racked: 2011-10-29 22:13
  • 『ゴーストライター』 事実は小説よりも奇なり

    Excerpt:  【ネタバレ注意】  この映画は面白い。  あなたがまだ『ゴーストライター』を観ていないのなら、それだけ知れば充分だろう。  これは上質なサスペンスであり、芳醇なワインを味わうように渋みを楽.. Weblog: 映画のブログ racked: 2011-10-30 00:34
  • 冷たい雨が降っている…『ゴーストライター』ロマン・ポランスキー監督

    Excerpt: 注・内容に触れています。ロバート・ハリスの同名小説『ゴーストライター』を「チャイナタウン」「フランティック」「赤い航路」のロマン・ポランスキー監督が映画化。元イギリス首相のゴーストライターとして雇われ.. Weblog: 映画雑記・COLOR of CINEMA racked: 2011-10-30 02:32
  • 映画レビュー「ゴーストライター」

    Excerpt: The Ghost Writer◆プチレビュー◆重層的な仕掛けと丁寧な演技で魅せる政治ミステリー。主人公に名前がないのが象徴的だ。 【70点】 元英国首相アダム・ラングの自叙伝執筆を、破格 ... Weblog: 映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評 racked: 2011-10-30 09:30
  • ゴーストライター/ユアン・マクレガー

    Excerpt: 巨匠ロマン・ポランスキー監督がロバート・ハリスの小説を映画化したサスペンス・ドラマ。予告編を何度も目にしましたし、大作風に感じたのでてっきり全国展開する作品とばかり思 ... Weblog: カノンな日々 racked: 2011-10-30 10:44
  • ゴーストライター

    Excerpt: 公式サイト。原題:The Ghost Writer、英国ではThe Ghost。ロバート・ハリス原作、ロマン・ポランスキー監督、ユアン・マクレガー、ピアース・ブロスナン、キム・キャトラル、オリヴィア・.. Weblog: 佐藤秀の徒然幻視録 racked: 2011-10-30 12:59
  • ゴーストライター

    Excerpt: 秘密は冒頭に公式サイト http://www.ghost-writer.jp同名小説(ロバート・ハリス著)の映画化監督: ロマン・ポランスキー  「チャイナタウン」 「戦場のピアニスト」元英国首相アダ.. Weblog: 風に吹かれて racked: 2011-10-30 13:25
  • 知り過ぎた男~『ゴーストライター』

    Excerpt:  THE GHOST WRITER  ロンドンでゴーストライターを生業とする男(ユアン・マクレガー)は、ある日 エージェントから元首相アダム・ラング(ピアース・ブロ.. Weblog: 真紅のthinkingdays racked: 2011-10-30 19:01
  • ゴーストライター・・・・・評価額1700円

    Excerpt: 隠された陰謀を知った時、名も無き“幽霊”は、生き残れるのか? 「ローズマリーの赤ちゃん」「テス」「戦場のピアニスト」など、映画史を彩る数々の傑作を生み出してきた巨匠、ロマン・ポランスキー監督による... Weblog: ノラネコの呑んで観るシネマ racked: 2011-10-30 19:47
  • ゴーストライター

    Excerpt: 元イギリス首相アダム・ラング(ピアース・ブロスナン)の自叙伝執筆者が事故死してしまい、破格の報酬で後を引き受けたゴーストライター(ユアン・マクレガー)は、アメリカ東海岸の孤島へと向かう。 政... Weblog: 心のままに映画の風景 racked: 2011-10-30 23:44
  • ゴーストライター

    Excerpt: ★★★☆  原作はロバート・ハリスの小説。監督はあの『戦場のピアニスト』のロマン・ポランスキー、主役のゴーストライターにユアン・マクレガーが扮している。格調高い大人向けのサスペンス映画である。  元英.. Weblog: ケントのたそがれ劇場 racked: 2011-10-31 10:50
  • ゴーストライター

    Excerpt: ■ ヒューマントラストシネマ渋谷にて鑑賞ゴーストライター/THE GHOST WRITER 2010年/フランス、ドイツ、イギリス/128分 監督: ロマン・ポランスキー 出演: ユアン・マクレ.. Weblog: 映画三昧、活字中毒 racked: 2011-10-31 18:48
  • ゴーストライター

    Excerpt: ★ネタバレ注意★  ロバート・ハリスの小説『ゴーストライター』を、ロマン・ポランスキー監督が映画化。    英国の元首相アダム・ラング(ピアース・ブロスナン)は、回顧録の出版を目前に控え.. Weblog: キノ2 racked: 2011-10-31 20:06
  • ゴーストライター

    Excerpt: 知りすぎた、男(ゴースト)ー。 ユアン・マクレガー主演の『ゴーストライター』を観てきました! (…本当は『ライフ』のつもりでいたのだけれど、時間の関係等の諸事情により…ちなみに先週の話!) この映画.. Weblog: Peaceナ、ワタシ! racked: 2011-10-31 22:54
  • ■映画『ゴーストライター』

    Excerpt: 名匠ロマン・ポランスキー監督が、2010年のベルリン国際映画祭で銀熊賞(最優秀監督賞)を受賞した話題の映画『ゴーストライター』。 元ジェームズ・ボンドのピアース・ブロスナンが元英国首相役を、そし.. Weblog: Viva La Vida! <ライターCheese の映画やもろもろ> racked: 2011-11-01 02:08
  • ゴーストライター 俳優陣がイメージぴったり!

    Excerpt: すみません今回記事長いです(-ω-;)ヽ 《感想》 劇中流れる音楽が不穏な雰囲気を醸し出しています。音楽はアレクサンドル・デスプラ「クイーン」「ベンジャミン・バトン」「ファンタスティックMr... Weblog: 愛知女子気侭日記 racked: 2011-11-02 19:44
  • 『ゴーストライター』

    Excerpt: ロマン・ポランスキー監督が2010年のベルリン国際映画祭で銀熊賞(監督賞)を受賞した『ゴーストライター』を公開開始から1カ月ほど経った先日、やっと観てきました。 ****************.. Weblog: Cinema+Sweets=∞ racked: 2011-11-04 09:34
  • ゴーストライター

    Excerpt: 川崎駅の反対側に移動して、チネチッタにて平日の映画の日、2本目の観賞。政治絡みの Weblog: がらくた新館 racked: 2011-11-07 23:38
  • ゴーストライター

    Excerpt: ロバート・ハリスの同名小説を「戦場のピアニスト」のロマン・ポランスキー監督が映画化。元イギリス首相のゴーストライターとして雇われた男が、国家を揺るがすある秘密に触れて ... Weblog: パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ racked: 2011-11-10 17:23
  • 映画『ゴーストライター』を観て

    Excerpt: 11-58.ゴーストライター■原題:The Ghost Writer■製作年・国:2011年、イギリス・ドイツ・フランス■上映時間:128分■鑑賞日:9月10日、ヒューマントラストシネマ渋谷(渋谷)■.. Weblog: kintyre's Diary 新館 racked: 2011-11-12 13:27
  • 「ゴーストライター」 真相を知ってからのほうが楽しめる?

    Excerpt: 元英国首相アダム・ラング(ピアース・プロスナン)の自叙伝を書いていた男が謎の死を Weblog: はらやんの映画徒然草 racked: 2011-11-27 07:00
  • *ゴーストライター*

    Excerpt:   元英国首相ラングの自伝執筆のために出版社より選ばれたゴーストライターの“僕”は、ラングが滞在するアメリカ東海岸の孤島に向かう。その矢先、ラングがイスラム過激派の逮捕や拷問に加.. Weblog: Cartouche racked: 2012-01-03 21:49
  • ゴーストライター

    Excerpt: これは最後まで見応えあるサスペンス・ミステリーでした。 Weblog: だらだら無気力ブログ! racked: 2012-01-18 01:22
  • 「ゴーストライター」The Ghost Writer

    Excerpt: 冬の海。フェリーが接岸する。船員が車を誘導するが、一台のBMWだけが動かない。 Weblog: 事務職員へのこの1冊 racked: 2012-02-06 21:08
  • ゴーストライター

    Excerpt: ゴーストライター '10:フランス=ドイツ=イギリス ◆原題:THE GHOST WRITER ◆監督:ロマン・ポランスキー「戦場のピアニスト」 ◆出演:ユアン・マクレガー、ピアース・ブ.. Weblog: C’est joli~ここちいい毎日を♪~ racked: 2012-02-09 22:59
  • 映画「ゴースト・ライター」批評  ラストに衝撃の真実が・・・((゜Д゜Uu))━━!!!!!!

    Excerpt: ゴースト・ライター観ましたよ~(◎´∀`)ノ ってか皆さんゴースト・ライターって Weblog: ジョニー・タピア Cinemas ~たぴあの映画レビューと子育て racked: 2012-02-16 00:01
  • ゴーストライター

    Excerpt: THE GHOST WRITER/10年/仏・独・英/128分/ミステリー・サスペンス/劇場公開 監督:ロマン・ポランスキー 過去監督作:『ローズマリーの赤ちゃん』 製作:ロマン・ポランスキー 原作:.. Weblog: 銀幕大帝α racked: 2012-02-18 19:45
  • ゴーストライター

    Excerpt: 元英国首相の自叙伝を、前任者が謎の死を遂げたため、引き継いで書き上げることになった「ゴーストライター」が主人公です。 身の危険を感じながら、偶然(?)見つけた「疑惑」を調べ始めるというお話で.. Weblog: いやいやえん racked: 2012-02-21 10:51
  • ゴーストライター (The Ghost Writer)

    Excerpt: 監督 ロマン・ポランスキー 主演 ユアン・マクレガー 2010年 フランス/ドイツ/イギリス映画 128分 サスペンス 採点★★★★ 小学生の頃、県の読書感想文コンクールで入選した事がある私。うちの.. Weblog: Subterranean サブタレイニアン racked: 2012-02-25 13:34