映画:シャンハイ



 シャンハイを見てきました。




●ストーリー(ネタバレ少しあり)
 1941年、上海。当時はいくつもの国がその都市を分け合っていた。そしてイギリス、フランス、アメリカそして日本が租界を置き、にらみ合っているような時代であった。
 米国諜報員のポール・ソームズ(ジョン・キューザック)はこの上海に降り立ち、親友でもある同僚のコナー(ジェフリー・ディーン・モーガン)とカジノで会う約束をしていたが、彼は現れなかった。代わりに目に入ったのは美しい中国人女性。彼は彼女とポーカーの手合わせをするが、完敗してしまう。
 翌日海軍情報部に出向くポールだが、そんな彼を待っていたのはコナーの遺体だった。上司でもあるリチャード・アスター大佐(デイヴィッド・モース)によれば、コナーは最近日本とつながりのある裏社会のボス、アンソニー・ランティン(チョウ・ユンファ)を調べていたところで、遺体は日本租界で見つかったという。
 ポールはアンソニーを調べるため、ドイツ領事館の技士の婦人レニ(フランカ・ポテンテ)の力を借り、上海ヘラルド紙の記者としてドイツ領事館で行われるパーティーに参加することになる。アンソニーとの会話の糸口を掴んだポールは、友人だという日本軍大佐のタナカ(渡辺謙)と、妻のアンナ(コン・リー)を紹介される。アンナは夫が席を外した隙にポールに、カジノの件は内緒にして欲しいと言われる。そう、彼女こそが先日カジノで出会った女性だったのだ。
 一方、ポールは日本領事館のキタ(ベネディクト・ウォン)から、コナーにはスミコ(菊地凛子)という愛人がいたことを聞かされる。早速スミコのアパートに向かうポールだが、すでにスミコの姿は無かった。しかしそこにはコナーが残したランティン夫妻やタナカの隠し撮り写真が残されていた。その写真からタナカは日本軍情報部のトップであり、海軍、空軍を掌握する存在だったことが判明する。
 さらに政治家であったアンナの父親は南京事件を非難したことで日本軍に殺されていた。彼女も日本軍から追われる身となるが、アンソニーと結婚することで日本軍から逃れていたことを知る。
 そんな時、日本軍が訪れるクラブでテーブルに爆弾が仕掛けられ、日本軍が負傷する。その場に居合わせたポールは、半日組織のレジスタンスを操っているのはアンナであることを見破る。アンナは父親の意志を継いで夫に隠れて革命の指導者として活動していたのだ。ポールは理想に燃えるアンナに強く惹かれ、協力することを約束し、早速アジトからスミコを別の隠れ家に移動させる協力をする。
 一方、アンソニーは、レジスタンスの活動を止められないことをタナカから強くせめられており、レジスタンスの正体を突き止めようと躍起になっていた。そこに浮かび上がったのは自分の愛する妻・アンナだった。
 米国諜報員という立場で、反日レジスタンスの指導者に恋をするポール。妻がレジスタンスだと知ってもなお命を懸けて守ろうとするアンソニー、執拗にアンナとスミコを追うタナカ。4人の想いと、それぞれの国の思惑が交差する。
 そんな時、コナーが調べていた日本軍の空母“加賀”が、大量の魚雷を積んで秘密裏に上海の港を出港する。


●感想、思ったこと(ネタバレあり)
 予告編ではとてもおもしろそうだったのに、いざ蓋を開けてみるとラブロマンスとしても、スパイ映画としても中途半端で、退屈はしないもののこれと言って特筆するところもなかったという、なんとももったいない映画だったように思います。予告編では、真珠湾攻撃の秘話みたいな、歴史サスペンスものをちょっと期待していたのですが、人間ドラマが主体なんですが、それもなぁ~って感じでした。もう途中からコナーが死んだ原因調べているんじゃなかったの?と突っ込みを入れたくなるくらい。そしてその真相は、タナカが嫉妬でコナーを殺したの?結局それか。歴史サスペンスのかけらもないのか。という感じ。個人的にはすっかり予告編に騙されちゃった感じです。
 そして菊地凛子がこれまた微妙な役柄。4年前のバベルに出演した時は、ハリウッド進出と言うことでかなり話題になりましたが、今回の作品もちょい役で残念。
 俳優陣は総じて良い演技していたと思うのですが、個人的に残念な作品になってしまったかなと思うのは、完全に歴史サスペンスだと思って観に行った所為と、ラブロマンスとしても脚本が、微妙でしたね。

p.s.
 見たけどまだ記事にしていない作品が溜まってきてしまったので、ストーリーも感想もちょっとおざなり気味。。。すみません。ストーリーは、観てから記事にするまで時間があいてしまったので、若干忘れてきてます(汗)。


観て良かった度:●●●○○ 3点 最低1点、最高5点











この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • シャンハイ

    Excerpt: 1941年の上海を舞台にとあるアメリカの諜報部員の死の真相を突き止めようとする主人公の視点で、男と女の複雑に入り組んだ悲しい関係を見つめた運命の物語だ。主演は『2012』のジョン・キューザック。共演に.. Weblog: LOVE Cinemas 調布 racked: 2011-10-09 23:27
  • シャンハイ

    Excerpt: アメリカのジョン・キューザック、中国のコン・リー、チョウ・ユンファ、 そして日本の渡辺謙、菊地凛子といったインターナショナルなスター俳優の 豪華共演で贈る歴史サスペンス。 1941年の上海を舞台に.. Weblog: だらだら無気力ブログ racked: 2011-10-12 02:13
  • 『シャンハイ』 (2010/アメリカ)

    Excerpt:   ●原題:SHANGHAI ●監督:ミカエル・ハフストローム ●出演:ジョン・キューザック、コン・リー、チョウ・ユンファ、渡辺謙、フランカ・ポテンテ、菊地凛子、デヴィッド・モース 他 ●1.. Weblog: ★Go!Go! Cinema★私の映画日記 racked: 2011-10-16 13:32
  • シャンハイ(2010)

    Excerpt: 隅っこのスミコ 公式サイト。原題:SHANGHAI。ミカエル・ハフストローム監督、ジョン・キューザック、コン・リー、渡辺謙、チョウ・ユンファ、菊地凛子、ジェフリー・ディーン・モー ... Weblog: 佐藤秀の徒然幻視録 racked: 2011-10-16 16:35
  • 「シャンハイ」 底が知れない街

    Excerpt: 太平洋戦争開戦前夜の上海、そこは「魔都」と称されることが多いように、欧米列強と日 Weblog: はらやんの映画徒然草 racked: 2011-10-16 17:10
  • シャンハイ

    Excerpt: 40年代の上海の猥雑な空気が伝わってくるような映像が魅力的。だが、サスペンスとラブストーリー、どちらも中途半端になってしまった。欧米各国や日本の思惑が入り乱れる1941年の中 ... Weblog: 映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評 racked: 2011-10-16 18:58
  • シャンハイ

    Excerpt: 試写会で見ました。前説の三木(真理子)さん、すっごいステキでした。なんで、誰も褒 Weblog: うろうろ日記 racked: 2011-10-16 19:58
  • シャンハイ

    Excerpt: 8月12日(金)@一ツ橋ホール。 今日から夏の短期休暇。(笑) たまりに溜まったお仕事を片付け、夕方から一ツ橋ホールに出かけた。 この時期の東京は人も車も少ない。 他県ナンバーの車の比率が普段.. Weblog: あーうぃ だにぇっと racked: 2011-10-17 08:09
  • 映画 「シャンハイ」

    Excerpt: 映画 「シャンハイ」 Weblog: ようこそMr.G racked: 2011-10-17 11:03
  • 『シャンハイ』 ('11初鑑賞114・劇場)

    Excerpt: ☆☆★-- (10段階評価で 5) 8月20日(土) 109シネマズHAT神戸 シアター9にて 12:40の回を鑑賞。 Weblog: みはいる・BのB racked: 2011-10-17 13:26
  • 映画「シャンハイ」@ヤクルトホール

    Excerpt:  試写会の主権はぴあさん。ぴあ恒例の3夜連続試写会の最終日で、休刊の決まったぴあ主権の最後の試写会だそうだ。映画上映前にはぴあ編集長からの挨拶があった。客入りは8割くらい、客年齢は高い。 Weblog: 新・辛口映画館 racked: 2011-10-17 14:17
  • 『シャンハイ』

    Excerpt: 太平洋戦争開戦前夜、東洋の魔都・上海。そこで繰り広げられる国家ではなく5人の男女関係だけを揺り動かす、別に1941年の上海が舞台じゃなくてもいいやん!な物語。 ジョン・キュ ... Weblog: こねたみっくす racked: 2011-10-17 16:31
  • シャンハイ

    Excerpt: 男は女に勝てない 公式サイト http://shanghai.gaga.ne.jp監督: ミカエル・ハフストローム  「1408号室」1941年の上海。いくつもの国がその都市を分け合い、睨み合っていた.. Weblog: 風に吹かれて racked: 2011-10-18 08:42
  • 映画『シャンハイ』

    Excerpt: 今日、2本目の観賞。ワーナーマイカルでふたりデイ(2人で2000円)っていいですねv 太平洋戦争勃発直前の上海を舞台に、 アメリカ・中国合作のサスペンス。 事前に情報を見ることな.. Weblog: よくばりアンテナ racked: 2011-10-18 08:58
  • シャンハイ    SHANGHAI

    Excerpt: 上海出身の映画製作者マイク・メダヴォイが企画して、太平洋戦争勃発直前の上海を舞台にして入り乱れた租界に暮らす男女の様子を描いたサスペンスだ。登場人物が下の者に指揮しているうちは重厚的だったけど、現場で.. Weblog: とらちゃんのゴロゴロ日記-Blog.ver racked: 2011-10-18 15:42
  • 「シャンハイ」感想

    Excerpt:  太平洋戦争直前の1941年。列強犇めき合う上海を舞台に、ある殺人事件の裏に隠された巨大な陰謀に挑むアメリカ人諜報部員の姿を描く。    構想10年、制作費約50000000ドル、ジョン・キュ.. Weblog: 新・狂人ブログ~暁は燃えているか!~ racked: 2011-10-18 18:43
  • 映画「シャンハイ」

    Excerpt: 映画「シャンハイ」 を鑑賞しました。 Weblog: FREE TIME racked: 2011-10-19 01:59
  • シャンハイ

    Excerpt: 1941年、日米開戦前の上海が舞台。親友の死の真相を探ろうと、諜報部員のポールは上海にやってきます。日本軍の妨害にあいながら、真相究明のカギを握っていると思われる裏社会のドンとの接触に成功しますが.... Weblog: 日っ歩~美味しいもの、映画、子育て...の日々~ racked: 2011-10-19 05:45
  • 「シャンハイ」、渋い大人向け作品

    Excerpt: 好きずきは有るだろうが この「シャンハイ」という映画の完成度はほぼ完璧ではないだろうか。 但し、これは私の感想で、世間様の評価はかなり厳しい。 時は1941年10月から12月にかけて。 日本が.. Weblog: カサキケイの映画大好き! racked: 2011-10-19 05:55
  • シャンハイ/ジョン・キューザック、コン・リー

    Excerpt: 予告編が流れ始めた頃は『上海』というタイトルだったように思ったんですけど、いつの間にカタカナ表記になったのでしょう?しかも中国映画だとばかり思っていたらアメリカ映画だ ... Weblog: カノンな日々 racked: 2011-10-19 10:18
  • 開戦前夜~『シャンハイ』

    Excerpt:  1941年、第二次世界大戦開戦前夜の中国・上海。米英をはじめ、各国の租界 が連なる魔都。アメリカ人諜報員のポール(ジョン・キューザック)は、親友コナー の死の真相を探っていた。  アメ.. Weblog: 真紅のthinkingdays racked: 2011-10-19 12:58
  • 【SHANGHAI シャンハイ】を映画鑑賞!

    Excerpt: 上海・・・そこは、愛が命取りになる街。  まずは来訪記念にどうかひとつ!  人気blogランキング【あらすじ】1941年の上海には、イギリス、アメリカ、日本など列強各国が租界を置き、覇を競っていた。上.. Weblog: じゅずじの旦那 racked: 2011-10-19 13:29
  • シャンハイ☆そこは、愛が命取りになる街。

    Excerpt:   仕掛けられた≪愛≫   世界を揺るがす≪陰謀≫ Weblog: ☆お気楽♪電影生活☆ racked: 2011-10-19 15:25
  • シャンハイ

    Excerpt: 太平洋戦争開戦前夜の上海を舞台に、米国、日本、中国など各国の人々が己の信念をかけて生き抜こうとする物語を、スウェーデン出身で「1408号室」のミカエル・ハフストローム ... Weblog: パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ racked: 2011-10-19 17:27
  • シャンハイ

    Excerpt: 台風が通過した翌日、この日は節電シフトの休日だったので、今日で上映終了になる映画 Weblog: がらくた新館 racked: 2011-10-19 23:13
  • 「シャンハイ」(アメリカ/中国 2010年)

    Excerpt: 1941年。 上海。 太平洋戦争前夜。 Weblog: 三毛猫《sannkeneko》の飼い主の日常 racked: 2011-10-20 20:23
  • シャンハイ

    Excerpt: 《シャンハイ》 2010年 アメリカ映画 - 原題 - SHANGHAI 194 Weblog: Diarydiary! racked: 2011-10-20 21:07
  • 『シャンハイ』

    Excerpt: '11.08.11 『シャンハイ』(試写会)@明治安田生命ホール yaplog!で当選。いつもありがとうございます! これは予告を見て気になってた。ジョン・キューザック好きだし☆ *ネタバレあり、.. Weblog: ・*・ etoile ・*・ racked: 2011-10-21 02:35
  • シャンハイ

    Excerpt: ■ ユナイテッド・シネマ豊洲にて鑑賞シャンハイ/SHANGHAI 2010年/アメリカ/105分 監督: ミカエル・ハフストローム 出演: ジョン・キューザック/コン・リー/チョウ・ユンファ/フ.. Weblog: 映画三昧、活字中毒 racked: 2011-10-21 19:23
  • ■映画『シャンハイ』

    Excerpt: 太平洋戦争勃発前夜の上海を舞台に、アメリカ人スパイのジョン・キューザック、日本軍人の渡辺謙、上海の裏社会のドン、チョウ・ユンファと、その妻、コン・リー、そして謎の日本人女性、菊地凛子が交錯する映画、『.. Weblog: Viva La Vida! <ライターCheese の映画やもろもろ> racked: 2011-10-22 05:41
  • シャンハイ

    Excerpt: 上海に潜伏していた米軍諜報員が何者かに殺された。同僚の諜報員ポールは真相を掴むため上海を訪れ、そこでマフィアのランティン、日本軍の大佐タナカらと接触する。ポールはラン ... Weblog: 5125年映画の旅 racked: 2011-10-23 07:40
  • シャンハイ☆独り言

    Excerpt: ジョン・キューザックに渡辺謙、コン・リーにチョウ・ユンファと菊池凛子。豪華なキャスティングで太平洋戦争前夜の上海を舞台にしたアメリカと中国と日本の微妙な思惑を含んだ関係。いつ崩れるかもわからない均衡・.. Weblog: 黒猫のうたた寝 racked: 2011-10-26 23:14
  • 映画「シャンハイ」批評 渡辺謙と菊池凜子の出てる映画

    Excerpt: 「シャンハイ」観ましたよ~(◎´∀`)ノ シャンハイのレビューっすね( ̄ー ̄)ニ Weblog: ジョニー・タピア Cinemas ~たぴあの映画レビューと子育て racked: 2012-02-15 00:10