映画:1911



 2012年ですが、まだまだ2011年の映画レビュー記事は続きます。今回は1911です。


●ストーリー(ネタバレなし)
 日清戦争を機に日本、イギリス、フランス、ロシア、ドイツら列強諸国による勢力が一層強まっていた、20世紀初頭の中国。わずか2歳で皇帝に即位した溥儀(ふぎ)を戴く(いただく)清王朝は、衰退の一途をたどっていた。浸食されてゆく国を憂う若者たちの危機感も高まっており、孫文(そんぶん・ウィンストン・チャオ)率いる<中国同盟会>をはじめとする多くの革命組織が各地で結成されていた。
 1911年3月。清王朝に対して幾度となく反旗を翻してきた孫文は、武装蜂起を前に指名手配されてしまい、国外逃亡をせざるを得なくなる。孫文は中国での革命活動の指揮を、彼が最も信頼する同士である黄興(ジャッキー・チェン)に託すのであった。4月、孫文の意志を引き継いだ黄興は、海外から帰国した<中国同盟会>のメンバーとともに広州にある総督府(官庁)に攻め込むことを計画する。だが事前に情報を入手していた清朝軍に厳戒態勢を敷かれ、厳しい市街戦となってしまう。この戦いで多くの同士を失い、撤退せざるを得なかった黄興は悲しみに打ちひしがれ、自らを責め、苦しむことに。そんな彼を献身的に支えたのは弾薬の運搬や負傷者の看護役として参加していた女性革命家・徐宗漢(じょそうかん/リー・ビンビン)だった。
 激烈な戦場で2人は支え合う内に、お互いの気持ちが通じ合うようになっていた。歴史上、“黄花崗七十二烈士”と呼ばれたこの悲劇は、中国全土にこれまでにない反清運動の高まりをもたらすことになった。その後、次々に全国で巻き起こる若者たちによる勇気ある行動と、徐宗漢の支えによって黄興はふたたび立ち上がることを決意する。
 そして、1911年10月10日、湖北省の武昌区で新たに響いた革命の銃声は時代を動かした。
 黄興は、仲間たちの元へと駆けつける。崩壊寸前の祖国と愛する人を救うため、同士たちと語り合った理想を勝ち取るため、そして、盟友、孫文との約束を果たすため。ついに<革命=辛亥革命>の火蓋は切って落とされた。

公式サイトより、引用



●感想、思ったこと(ネタバレあり)
 2011年は中華民国建国のきっかけとなった辛亥革命が1911年に起きてから100年となる。そしてジャッキー・チェンの映画出演100作記念の本作品。歴史は大の苦手で歴史物の映画もあまりみないのですが、本作はジャッキー・チェン100作記念作品という理由だけで見に行くことに。
 が、やっぱり…。時代背景が全くわかっていないので、ふ~んって感じで、ついて行けなかった。辛亥革命の5年前、同じように孫文を描いた作品・孫文の義士団は、こちらは難しい時代背景とかはないので、こんな僕でも充分楽しめたのですが、さすがに1911はストーリーがしっかりしているおかげで、むつかしい。
 実は、総督府襲撃まではやる気満々で見ていたんですが、ここで、今まで映画館でたくさん(ブログをつけ始めてから600本弱)映画を見ていますが、こんなことあるの?!という事故が勃発。

 それは。。。





 映写機の故障。

 約20分の中断です。ジャッキー・チェン分する黄興が死んだのかも生きているのかもわからないいいところで。。。
 実はこの映画が終わって30分後から始まるピザボーイを見ようとしていたので、修理しているけど目処が立たないとか言われても困るんだよね。結局中断は20分ですんだので良かったですが、集中力は切れてしまいました。もう映画は見ると言うより、眺めるって感じでしたね。それもあって、後半のストーリー、特に孫文が中国に戻ってきてからがほとんど覚えてない。なんで黄興と対立したんだっけ?せっかく大総統になったのにすぐ辞任したのはなんでだっけ?
 う~ん、う~ん(汗)。

 歴史的背景などを知っているとたぶんめっちゃおもしろい作品なんでしょうが、知識のない僕は楽しめませんでした。

 あっ、ちなみに次回使える招待券を1枚いただきました。車で来ている方には駐車券も。すみませんねぇ。株主優待で無料で見ているのに、また無料券もらっちゃいました。




観て良かった度:●○○○○ 1点 最低1点、最高5点










この記事へのコメント

2012年01月16日 18:59
TBありがとうございます。
映写機が故障するとはご災難でしたね。
映画を観ていて緊張が途切れてしまうことほど辛いことはないですよね。
せっかくかっこいいジャッキー・チェンだったのに(>_<)!
ご愁傷様でした。
2012年01月18日 03:18
白木庵さん、コメントありがとうございます。
そうなんですよ!ビックリです。いいところでスクリーンが真っ暗になり、え?えっ?って思っていたら会場が明るくなって。
テレビの映画ではCMで集中力が欠くので好きではない。だから映画館に来ているのに…。でも初めての体験だったので新鮮ではありました。でも二度目はごめんですね(笑)。

この記事へのトラックバック

  • 1911

    Excerpt: 辛亥革命100周年、そしてジャッキー・チェンの映画出演100本目となる記念作品。欧米列強に国を蝕まれることを憂えて立ち上がった孫文たち革命の闘士たちを描いた歴史大作だ。ジャッキー自身が総監督と共に孫文.. Weblog: LOVE Cinemas 調布 racked: 2012-01-05 23:24
  • 「1911」 ジャッキー・チェンの想い

    Excerpt: ジャッキー・チェンの映画出演100作目、かつ辛亥革命100周年を記念して作られた Weblog: はらやんの映画徒然草 racked: 2012-01-09 07:44
  • 1911☆1911年10月10日、辛亥革命。

    Excerpt:    歴史に残らなかった「命」の物語。 Weblog: ☆お気楽♪電影生活☆ racked: 2012-01-09 09:03
  • 『1911』 世界同時公開にした裏事情?

    Excerpt:  ジャッキー・チェンが13年ぶりに監督業に復帰してまでやりたかったことはなんだろう?  2011年は辛亥革命から100周年を記念する年である。  この年に、ジャッキー・チェンにとっても記念とな.. Weblog: 映画のブログ racked: 2012-01-15 09:50
  • 「1911」記念すべき100作目だけど

    Excerpt: 清朝末期の中国。 王制を倒し中華民国建国のきっかけとなった辛亥革命からちょうど100年。 ジャッキー・チェン100作品目として選んだにしては、ジャッキー自身が控えめで・・・・ Weblog: ノルウェー暮らし・イン・原宿 racked: 2012-01-15 09:50
  • 1911

    Excerpt: 時代のうねりの中で生き、散っていった男たちの物語「1911」。ジャッキー・チェンの記念すべき映画出演100作品目の超大作だ。1911年、中国。欧米列強の脅威にさらされ、清王朝は ... Weblog: 映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評 racked: 2012-01-15 11:49
  • 「1911」名もなき多くの犠牲の果てに中華民国を建国した辛亥革命の真実

    Excerpt: 「1911」は中国清王朝末期の中国を舞台に民衆を指揮する孫文の参謀である革命軍の黄興が植民地状態の中国を変えるべく打倒清王朝を掲げて中国に変革をもたらしていくストーリーであ ... Weblog: オールマイティにコメンテート racked: 2012-01-15 21:25
  • 『1911』

    Excerpt: 革命、未だ成らず。 辛亥革命100周年に世界を見てきたジャッキー・チェン総監督の愛国心が中国の若者に語る、100年前の若者たちの熱き魂。 世界中の映画ファンよりも現代に生きる中 ... Weblog: こねたみっくす racked: 2012-01-16 09:15
  • 1911

    Excerpt: 「1911」 監督 チャン・リー 出演 ジャッキー・チェン(黄興) リー・ビンビン(徐宗漢) ウィンストン・チャオ(孫文) ジョアン・チェン(隆.. Weblog: だめ男のだめブログ racked: 2012-01-16 10:11
  • 1911

    Excerpt: 1911年の辛亥革命前後の中国を舞台に、孫文や黄興など革命を巡る人々の生き様を描く。ジャッキー・チェン(「新少林寺/SHAOLIN」)映画出演100作記念として構想10年、総製作費30億円を ..... Weblog: パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ racked: 2012-01-16 11:28
  • 1911

    Excerpt: ★ネタバレ注意★  ジャッキー・チェン生誕100周年記念、じゃなくて、出演100本目映画。100周年なのは辛亥革命。原題もズバリ、「辛亥革命」です。監督は、これが映画監督デビューとなったチャ.. Weblog: キノ2 racked: 2012-01-16 18:52
  • 「1911」感想

    Excerpt:  辛亥革命100周年記念にして、ジャッキー・チェン映画出演100本記念作。  二百年以上に及ぶ君主政権により、腐敗しきった清朝を打破し、欧米列強に対等に渡り合える真の共和国家を樹立すべく戦っ.. Weblog: 新・狂人ブログ~暁は燃えているか!~ racked: 2012-01-16 19:14
  • 1911

    Excerpt: 広州総督府。武昌蜂起。中華民国成立。 Weblog: 悠雅的生活 racked: 2012-01-16 20:48
  • 1911

    Excerpt: 私利私欲のない孫文の言葉に嘘はなく、若者たちがついていく理由がはっきりと描かれている。革命から100年経過しても大陸中国では理想が現実になっていないと考えるのは、深読みしすぎだろうか。日本との関係を描.. Weblog: とらちゃんのゴロゴロ日記-Blog.ver racked: 2012-01-17 14:12
  • 2011年10月28日 『1911』 朝日ホール

    Excerpt: 今日は、『1911』 を試写会で鑑賞です。 昼間の仕事がハードだったので行けないと思いましたが 何とか早く終わってくれたので、行けましたが・・・ やっぱり、疲れてましたね。 映画もつまらないし、眠か.. Weblog: 気ままな映画生活(適当なコメントですが、よければどうぞ!) racked: 2012-01-18 07:57
  • 1911/ジャッキー・チェン、リー・ビンビン

    Excerpt: ジャッキー・チェンの映画出演100作記念として構想10年、総製作費30億円を投じられたという超大作映画です。中華民国建国のきっかけとなった1911年の辛亥革命前後を舞台に衰退する祖 ... Weblog: カノンな日々 racked: 2012-01-18 11:38
  • 1911

    Excerpt: 2011年11月22日(火) 20:50~ TOHOシネマズ六本木ヒルズ5 料金:1300円(シネマイレージデイ) パンフレット:未確認 『1911』公式サイト 中華民国建国の辛亥革命の話。 ジ.. Weblog: ダイターンクラッシュ!! racked: 2012-01-18 16:31
  • 『1911』 ('11初鑑賞154・劇場)

    Excerpt: ☆☆☆-- (10段階評価で 6) 11月5日(土) 109シネマズHAT神戸 シアター6にて 13:35の回を鑑賞。 Weblog: みはいる・BのB racked: 2012-01-18 21:16
  • 『1911』

    Excerpt: 仕事がバタバタしててここ最近頭が休んでる日が無い気がします。 でも映画を見ている時は別!ってなわけでルミネ開店で沸く有楽町で 仕事帰りに試写会でジャッキー・チェンの最新作 『1911』を鑑賞して.. Weblog: 映画批評_気ままにツラツラと・・ racked: 2012-01-19 16:50
  • 1911

    Excerpt: 『1911』 “辛亥革命” (2011・中国・2h02) 総監督・出演 : ジャッキー・チェン  監督 : チャン・リー 出演 : ウィンストン・チャオ、リー・ビンビン、スン・チュン、ジョア.. Weblog: 映画尻エリカ racked: 2012-01-19 19:41
  • 「1911」

    Excerpt:  最初に言っておくと、ジョン・ベルーシが出演しているとか、スピルバーグの初黒星と Weblog: みんなシネマいいのに! racked: 2012-01-22 19:39
  • 1911

    Excerpt: 今から100年前、1911年に中国で起きた辛亥革命は、その後の中国の歴史を 大きく変えました。 本作は、辛亥革命から100周年を記念する作品であり、 主演のジャッキー・チェンにとっても、映画.. Weblog: 愛猫レオンとシネマな毎日 racked: 2012-01-29 21:37
  • ■映画『1911』

    Excerpt: あの大アクション・スター、ジャッキー・チェンの出演第100作目、そしてジャッキーが総監督を務めている映画『1911』。 この映画は今からちょうど100年前、1911年に始まった辛亥革命の模様を、.. Weblog: Viva La Vida! <ライターCheese の映画やもろもろ> racked: 2012-02-19 15:46
  • 1911(辛亥革命)

    Excerpt: ジャッキー・チェンの100本目の映画とのことです。事前にトレイラーを見て、ジャッ Weblog: シネマクマヤコン racked: 2012-03-04 01:28
  • 1911

    Excerpt: 辛亥革命の話ですが近代史に疎い私にはちょっと難しかったかな。駆け足感は若干あります。ジャッキー・チェン出演100作品目の作品(凄いね!)。 革命の父といわれる孫文、彼の腹心である黄興、二人の.. Weblog: いやいやえん racked: 2012-06-19 09:32
  • 1911

    Excerpt: 辛亥革命 1911/11年/中国/122分/歴史劇ドラマ/劇場公開(2011/11/05) -総監督- ジャッキー・チェン -監督- チャン・リー -出演- *ジャッキー・チェン…黄興 過去出演作:.. Weblog: 銀幕大帝α racked: 2012-06-28 02:02