ミュージカル:オペラ座の怪人 ~2回目~



 昨年ロンドン公演が25周年を迎えた“オペラ座の怪人”。久々に見たいと思って劇団四季オペラ座の怪人のチケットを購入しました。その数日後にオペラ座の怪人 25周年記念公演 in ロンドンが映画館でやることを知り愕然!まぁ、ロンドン公演の録画も見に行くわなぁ。(その時の記事はこちら。)
 と言うわけで年も開けて2012年最初のミュージカルは劇団四季オペラ座の怪人でした。





●ストーリー(ネタバレあり)
  1905年パリ。かつては豪華であったオペラ座も今は廃墟と化し、そこではオペラ座所有の様々な物品がオークションにかけられていた。オペラ座のシャンデリアが紹介されると、1870年代に時代がさかのぼる。
 オペラ「ハンニバル」のリハーサル中にプリマドンナのカルロッタ(河村彩)に背景膜が落下した。腹を立てたカルロッタは降板。その代わりバレエダンサーのクリスティーヌ(高木美果)が代役に。見事に役を演じたクリスティーヌだが、仮面の男・オペラ座の怪人(大山大輔)に地下に連れ去られてしまう。クリスティーヌは怪人を亡き父親が使わせた音楽の天使だと信じるが、地下に連れ去られてその正体を知ってしまう。
 その頃オペラの新作「イルムート」の主役にクリスティーヌをたてろとオーナーに脅迫状が届くが、それを拒否しカルロッタを主役にたたせる。腹を立てた怪人はとうとう殺人を犯す。一方クリスティーヌと幼なじみでオペラ座のパトロンであるラウル(鈴木涼太)と愛を誓う。クリスティーヌを愛するオペラ座の怪人は怒り狂う。
 ファントム自作のオペラ「勝利のドンファン」。警察の警備のなか、ファントムは主役を殺し、自ら主役に入れ替わって、クリスティーヌとデュエットする。舞台の上でマスクを取るクリスティーヌ。怒ったファントムはクリスティーヌを地下に再び連れ去る。助けに向かうラウル。そして地下では・・・。

メグ・ジリー:西田ゆりあ
マダム・ジリー:横山幸江
ムシュー・アンドレ:林和男
ムシュー・フィルマン:平良交一
ウバルド・ビアンジ:半場俊一郎
ムシュー・レイエ:斎藤譲
ムシュー・ルフェーブル:田代隆秀
ジョセフ・ブケー:佐藤圭一

【男性アンサンブル】
天野陽一、井上隆司、伊藤礼史、田中元気、野村数幾、見付祏一

【女性アンサンブル】
暁爽子、白澤友理、古屋敷レナ、英春奏、村瀬歩美、吉川瑞恵
脇坂美帆、寺嶋あゆみ、吉田絢香、高瀬悠、園田真名美、野田彩恵子

オーケストラ指揮:吉住典洋

※括弧内は鑑賞日のキャストで、別の日は別のキャストが演じている場合もあります。




●感想、思ったこと(ネタバレあり)
 劇団四季オペラ座の怪人は約6年ぶり。劇団四季のミュージカルで一番最初に見た作品です。大阪や名古屋を回って再び東京に戻ってきたのですが、今回のキャッチコピーも「劇団四季のオペラ座の怪人は凄いらしい。」で変わっていません。もう6年前なので細部は忘れてしまいましたが、演出やセットも変わっていますね。6年前は墓地で銃を撃つシーンでマジでビックリしたので今回は構えていたのですが、そのシーンはなく別の銃のシーンはおとなしめ。でも迫力が増したシーンも多かった。勝利のドンファンでウバルドに扮した怪人とクリスティーヌのシーンはマジで凄い!仮面舞踏会のシーンも今回は席がかなり前だったこともあって、自分も舞踏会に参加しているような臨場感です。
 特にオペラ座の怪人 25周年記念公演 in ロンドンを見ていたこともあって、見所がわかります。オペラ座の怪人 25周年記念公演 in ロンドンは観客視点ではなく見所や役者をアップにしているので、見所がわかるんですよね。
 映画はよっぽどのことがないと2度、3度見ないのですが、素敵なミュージカルは何度見ても飽きません。毎回新しい発見があります。こちらでは、日本23周年を記念して23のトリビアを紹介していますが、これを読んでから見るとおもしろさが増しますね。

 ところで、オペラ座の怪人 25周年記念公演 in ロンドンでは歴代の怪人が歌を披露して観客を魅了しました。もちろん今回の公演ではそんな豪華なゲストはいないのですが、カーテンコールが終わって観客が帰るときに音楽が。今まで、録音だと思っていたのですが、実は奈落でオーケストラが生演奏をしていたんですね。ミュージカルは普通は曲を聴きながら演技を見ますが、最後はオーケストラを聴きながら、オーケストラを上から見るということができたんですね。最後の最後まで楽しませていただきました。
 3回、4回と見に行きたいです。オペラ座の怪人 25周年記念公演 in ロンドンのBlu-rayも買ったのですが、まだ見ていないのでこちらも見たい。ちなみに今は日本語版のサントラを聞きながら記事を書いています。えへっ♪





観て良かった度:●●●●● 5点 最低1点、最高5点




※2010/11/01よりAmazonが配送する商品の配送料が無料になりました。







ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック