映画:戦火の馬



 スティーヴン・スピルバーグ監督作品だし予告編もすばらしい。期待に胸をふくらませますが、それだけでなく試写会で見た人みんなが感動している。ただ期待しすぎると裏切られるのも常。期待しつつ期待を押さえるのが苦労した作品、戦火の馬の記事です。


●ストーリー(ネタバレあり)
 第一次世界大戦前夜のイギリスの農村で馬の競売が行われていた。農家のテッド・ナラコット(ピーター・ミュラン)は畑を耕すために馬を買いに出かけたが、1頭の競走馬に心を奪われ借金をしてその馬を買ってしまう。当然妻のローズ(エミリー・ワトソン)はこの馬を返して畑仕事に使える馬を飼ってくるように言うが、少年のアルバート(ジェレミー・アーヴァイン)はこの馬をとても気に入り、“ジョーイ”と名付ける。
 テッドはこの馬に畑を耕す馬具をつけて畑を耕さそうとするが言うことを聞かない。それどころか地主からはこのままでは家族そろって立ち退いてもらうしかないと言われてしまう。怒りのあまりテッドはジョーイを殺そうとするが、それをアルバートが阻止して畑を耕そうとする。周りの者から笑いものにされながらもアルバートとジョーイは一面の畑を耕すことに成功する。
 万事うまく言ったかのように思えたが、戦争が始まると英国軍の軍馬が集められ、ジョーイもそれに売られてしまった。アルバートはなんとかジョーイを取り戻そうとするが、ニコルズ大尉(トム・ヒドルストン)はジョーイが特別な馬であり大切にし、戦争が終われば必ずアルバートの元に連れて帰ることを約束した。
 ジョーイはイギリス軍馬としてフランスに連れて行かれるがそこで知り合った軍馬・トップソーンと知り合い、訓練を通してライバルであり良き友となる。
 しばらくしてアルバートの元に大尉の手帳が届いた。その手帳にはジョーイの絵が描かれていたが、大尉は戦死したという通知も同封されていた。アルバートはいてもたってもいられなくなり、まだ徴兵年齢に達していないにもかかわらず入隊し、最前線のフランスへと向かう。
 一方、フランス軍に取られてしまっていた。フランス軍はこの戦で得た馬に荷物を引かせようとするがほとんどの馬は馬具をつけられるのを嫌がり、その場で処刑されてしまった。ジョーイと共になった馬も馬具を嫌がり殺されそうになるが、ジョーイが馬具を自らつけたため彼も真似をし、処刑を免れた。
 しかし重い戦車をひかせていたため、どんどん馬が足を壊しては殺されていった。馬を消耗品のように扱う将校に嫌気をさした獣医はジョーイとトップソーンを逃がしてしまう。しかし足を壊したトップソーンは途中で息絶え、ジョーイ1人になってしまう。
 一人さまよっていたジョーイをドイツ軍が見つけた。そのドイツ軍にはまだ幼い兄弟がいた。馬の扱いがうまい兄は基地に残され、弟はジョーイと一緒に最前線に行くことになる。弟を最前線に送りたくない兄は、弟を連れジョーイと共に軍から脱走する。郊外の風車小屋で寝ていたところをドイツ軍に発見され、兄弟は射殺されてしまう。
 翌朝、少女が風車小屋にやってくると、弱ったジョーイを見つけた。両親を失い祖父と暮らしていた少女・エミリー(セリーヌ・バッケンズ)はとても喜ぶが、祖父(ニエル・アレストリュプ)はエミリーがジョーイに乗ることを反対した。しかしエミリーの誕生日に倉庫にしまってあった鞍をジョーイにつけエミリーを乗せた。丘の上を往復するという条件で。ところが丘の上に行ったままエミリーが帰ってこない。心配した祖父が駆けつけると、丘の向こうにはドイツ軍がおり、ジョーイを徴収されてしまった。命ばかりは取られなかったエミリーと祖父だが、ジョーイだけでなく食料なども奪われてしまう。そして再びジョーイは前線へと送られてしまう。
 ジョーイは最前線で戦車の砲弾の音に怯え逃げ出してしまう。一目散に走るジョーイだがその足を有刺鉄線が食い止める。有刺鉄線が体中に巻き付き、苦しそうな声を出すジョーイ。そんなジョーイを助けようとイギリス軍の兵士とドイツ軍の兵士が出てきた。一歩間違えば相手に殺されるかも知れない問い緊張に包まれた2人だったが、彼らの目的はジョーイを助けること。2人は1本1本丁寧に有刺鉄線を取り除く。最後にこの馬をどちらの軍がもらうかコインで決めることに。無事にジョーイはイギリス軍に引き取られることに。
 ところが傷から菌が感染していた。医者も薬も兵士の手当で手が足りない。軍馬の治療などしている余裕はない。軍医はこの馬を殺すように言う。しかし前線から戻ってきた奇跡の馬であり、前線でいつ死ぬかもわからない兵士たちの中で希望を象徴する存在となっていた。傷ついた兵士からもこの馬を助けて欲しいと言う声があり軍医と対立する。その騒ぎを聞きつけたのはアルバートだった。アルバートはドイツ軍の毒ガスで目を負傷しておりジョーイを見ることができなかったが、目の前にいるのはジョーイだと確信したアルバートもこの馬を助けてくれるように懇願する。みんなの熱意に負けた軍医はジョーイを治療する。
 戦争も終わりアルバートもイギリスに戻れることになる。しかし軍馬はオークションにかけられることに。アルバートや仲間たちはオークションの軍資金としてカンパをアルバートに渡していたが、その額を上回る額でジョーイが落札されてしまった。落札したのはエミリーの祖父だった。アルバートはジョーイにお別れをいい、祖父からジョーイがいろんな人々と出会い別れを繰り返してきたことを聞かされる。
 アルバートがジョーイの最初の持ち主で友であることを知った祖父は、アルバートにジョーイを帰すことにする。きっとエミリーもそれを望むと言い残して。



●感想、思ったこと(ネタバレあり)
 他の方のレビュー記事を読んでいるとストーリーが出来過ぎてリアリティがない。突っ込みどころが多くて感動する暇がないなんて書かれていました。まぁ冷静に考えるとそうなんですけど、それを感じさせなかったのが音楽と映像美。特にラストの夕焼けは良かったですね。人間のエゴではじめた戦争。馬だけでなく市民を苦しめた人間たちの戦争。いろんな人生を翻弄させてしまう戦争。ラストで救われた気がします。
 特に敵兵同士がジョーイをめぐって休戦するシーン。戦争映画では珍しくないシーンですよね。クリスマスの夜にお互いに歌を歌って休戦するシーンなんかも良くありますし。でもこう言うシーンっていつもジーンと来てしまいます。
 ところでジョーイもトップソーンもかっこいい!絵になるんですよね~。ただ何というかあまり身近にいない動物だからか、なかなか見ている人が感情移入しにくいような気がします。犬を題材にした映画、例えば何らかの理由で飼い主と離れてしまうが飼い主との絆はいつまでも続いているよ~的な映画だったり、仲の良かった犬が死んでしまう映画とか、すぐに感情移入して涙出ちゃうんですけど、なかなか馬の映画では感情移入しにくい。犬はペット=家族なのに対して、馬は人間にとってどちらかというと自動車に近い存在なのだからなのでしょうか。
 難しい題材ですが、スティーヴン・スピルバーグと言えども、映像美と音楽に助けられたかなと言う、作品。ちょっとオマケですが見て良かった度は5点で。




観て良かった度:●●●●● 5点 最低1点、最高5点










ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

ふじき78
2012年08月26日 21:24
つまり「馬をペットにせんかー」というダジャレな映画だった訳ですね。
2012年08月27日 01:20
ふじき78さん、こんばんは。
うひゃひゃひゃ。そういうギャグ好きですよ♪

この記事へのトラックバック

  • 戦火の馬/War Horse

    Excerpt: マイケル・モーパーゴの手による同名小説を巨匠スティーヴン・スピルバーグが映画化。第一次世界大戦を舞台に、一頭の馬と青年との友情、そしてその馬の辿る数奇な運命を描いた感動物語だ。主人公の少年を映画初出.. Weblog: LOVE Cinemas 調布 racked: 2012-05-20 21:37
  • 戦火の馬

    Excerpt: 「戦火の馬」監督:スティーヴン・スピルバーグ(『カウボーイ&エイリアン』)出演:ジェレミー・アーヴァインエミリー・ワトソン(『ウォーター・ホース』『ミス・ポター』)デヴ ... Weblog: マー坊君の映画ぶろぐ(新装版) racked: 2012-05-22 12:46
  • 戦火の馬

    Excerpt: 馬同士の友情物語 公式サイト。原題:War Horse。マイケル・モーパーゴ原作、スティーブン・スピルバーグ監督。ジェレミー・アーヴィン、エミリー・ワトソン、デヴィッド・シューリス ... Weblog: 佐藤秀の徒然幻視録 racked: 2012-06-17 12:38
  • 『戦火の馬』 アメリカは壊れているか?

    Excerpt:  アメリカはずいぶん変わった。  2011年公開の『ワイルド・スピード MEGA MAX』を観て、私はそう感じた。  私の好きなアメリカ映画は、たとえば『大いなる西部』(1958年)や『大脱走.. Weblog: 映画のブログ racked: 2012-06-17 13:17
  • 「戦火の馬」 お馬さん版「マイウェイ」、ではない

    Excerpt: 類いまれな資質をもって生まれたサラブレッド、ジョーイ。 そしてジョーイに愛情を注 Weblog: はらやんの映画徒然草 racked: 2012-06-17 13:44
  • 戦火の馬

    Excerpt: ★★★★☆“終盤の指笛は鳥肌モノです!”マイケル・モーパーゴが1982年に発表した同名小説を、スティーブン・スピルバーグ監督が映画化した作品です。 テッドは足が悪く、常に酒瓶を離せないでいます。そんな.. Weblog: 映画とライトノベルな日常自販機 racked: 2012-06-17 15:57
  • 戦火の馬

    Excerpt: 戦火の馬@丸の内ピカデリー Weblog: あーうぃ だにぇっと racked: 2012-06-17 16:54
  • 映画『戦火の馬』 観てきてボロボロに泣いた~っ

    Excerpt: 特に観たいわけじゃなかったんだけど、いや、時間もあったから。 そしたらもう泣けて泣けて。 めっちゃ感情移入してしまうんですよ・・・・馬に イギリスのある農家で暮らす少年アルバ.. Weblog: よくばりアンテナ racked: 2012-06-17 17:17
  • 戦火の馬

    Excerpt: 千軍万馬のジョーイが感動を運ぶ!   Weblog: Akira's VOICE racked: 2012-06-17 17:19
  • 『戦火の馬』 2012年2月28日 丸ノ内ピカデリー

    Excerpt: 『戦火の馬』 を試写会で鑑賞しました。 何とか格安で観ることができました! 実は、24日分が当たってたんですが、『ヒューゴの不思議な発明』を観に行ったんですよね 【ストーリー】  農村に住む少年ア.. Weblog: 気ままな映画生活(適当なコメントですが、よければどうぞ!) racked: 2012-06-17 19:06
  • 戦火の馬

    Excerpt: 試写会で見ました。 【予告orチラシの印象】悲惨な状況下に置かれたお馬さんがモト Weblog: うろうろ日記 racked: 2012-06-17 19:09
  • 戦火の馬

    Excerpt: 戦火の馬 オリジナル・サウンドトラッククチコミを見る馬と少年の絆が奇跡を生む感動作「戦火の馬」。抒情的な田園風景とリアルな戦闘場面の対比が見事だ。イギリスの農村に住む少 ... Weblog: 映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評 racked: 2012-06-17 20:09
  • 映画『戦火の馬』

    Excerpt:     「クローズアップ現代」に出演された スピルバーグ監督が「『戦争』でなく『希望』を描いた」と 話しておられたのが印 Weblog: ほし★とママのめたぼうな日々♪ racked: 2012-06-17 20:22
  • 戦火の馬・・・・・評価額1700円

    Excerpt: その馬は、人々の希望。 第一次世界大戦を生き抜いた一頭の軍馬(War Horse)と、数奇な運命に導かれその馬と邂逅する人間たちの織り成す物語を描いた歴史ドラマ。 マーティン・スコセッシが、デ.. Weblog: ノラネコの呑んで観るシネマ racked: 2012-06-17 20:28
  • 『戦火の馬』

    Excerpt: 奇跡の馬ジョーイの数奇な運命。戦争映画大好きスティーブン・スピルバーグの第一次世界大戦を描きたかっただけという本音。 一頭の馬を狂言回しに表面上は様々な人間としての誇 ... Weblog: こねたみっくす racked: 2012-06-17 21:46
  • 「戦火の馬」

    Excerpt:  第一次大戦前夜のイギリスの農村。 貧しい農家にひきとられた一頭の美しい馬は、ジ Weblog: みんなシネマいいのに! racked: 2012-06-17 23:39
  • ただ、前だけを見て~『戦火の馬』

    Excerpt:  WAR HORSE  20世紀初頭、英国・デヴォン州。少年アルバート(ジェレミー・アーヴァイン) は、生まれたばかりの一頭のサラブレットに心を奪われる。父(ピ.. Weblog: 真紅のthinkingdays racked: 2012-06-17 23:43
  • 戦火の馬/ジェレミー・アーヴァイン

    Excerpt: 1982年に発表されたイギリスの作家マイケル・モーパーゴの児童文学をスティーヴン・スピルバーグが映画化した第1次世界大戦下を背景にした馬と人間たちの絆を描いた物語です。短い ... Weblog: カノンな日々 racked: 2012-06-18 00:39
  • 戦火の馬

    Excerpt: Data 原題 WAR HORSE 監督 スティーヴン・スピルバーグ 原作 マイケル・モーパーゴ 出演 ジェレミー・アーヴァイン  エミリー・ワトソン  ピーター・ミュラン 公開 2012年 3月.. Weblog: 映画 K'z films 2 racked: 2012-06-18 01:06
  • 戦場を駆ける馬。スティーブン・スピルバーグ監督『戦火の馬』(War Horse)

    Excerpt: 注・内容、台詞に触れています。マイケル・モーパーゴによるイギリスの同名小説(1982年出版・なんと馬目線の一人称)をスティーヴン・スピルバーグ監督が映画化『戦火の馬』(舞台版は2011年第65回トニー.. Weblog: 映画雑記・COLOR of CINEMA racked: 2012-06-18 03:20
  • 戦火の馬

    Excerpt: 第一次世界大戦でイギリスから徴用されて戦地に送られた馬がたどる過酷な運命と、馬を育てたイギリスの青年と再会するまで描いている。イギリスから大陸に渡った軍馬はほとんどが亡くなったけど、戻ってきた馬もいた.. Weblog: とらちゃんのゴロゴロ日記-Blog.ver racked: 2012-06-18 05:01
  • 映画「戦火の馬」 感想と採点 ※ネタバレあります

    Excerpt: 映画『戦火の馬』(公式)を先週平日のレイトショーで劇場鑑賞。 採点は、★★★☆☆(5点満点で3点)。100点満点なら50点にします。 ざっくりストーリー .. Weblog: ディレクターの目線blog@FC2 racked: 2012-06-18 06:42
  • 「戦火の馬」 War Horse (2011 ドリームワークス)

    Excerpt: かつてキャメロン・クロウはビリー・ワイルダーにこう質問した。 「ジョン・ウェイン Weblog: 事務職員へのこの1冊 racked: 2012-06-18 07:21
  • 戦火の馬

    Excerpt: 出逢った人達に愛されて [E:horse]公式サイト http://disney-studio.jp/movies/warhorse原作: 戦火の馬 (マイケル・モーパーゴ著/評論社)監督: スティー.. Weblog: 風に吹かれて racked: 2012-06-18 08:06
  • 「戦火の馬」ゆかりの地をたずねて

    Excerpt: 受賞は逃したもののアカデミー賞作品賞にノミネートされた作品。 ポールは宇宙に帰っちゃったけど、「リアル・スティール」に続いて頑張っているスピルバーグ監督。 スピ監督らしい素直な感動作品は、まるで英.. Weblog: ノルウェー暮らし・イン・原宿 racked: 2012-06-18 09:46
  • 戦火の馬

    Excerpt: 農村の小さな牧場で一頭の仔馬が誕生する。 その仔馬は貧しい農夫テッド(ピーター・ミュラン)に競り落とされ、少年アルバート(ジェレミー・アーヴァイン)の家にやってきた。 ジョーイと名付けられ.. Weblog: 心のままに映画の風景 racked: 2012-06-18 10:05
  • 『戦火の馬』 ('12初鑑賞26・劇場)

    Excerpt: ☆☆☆☆- (10段階評価で 8) 3月2日(金) 109シネマズHAT神戸 シアター8にて 13:40の回を鑑賞。 Weblog: みはいる・BのB racked: 2012-06-18 20:57
  • ”映画の天才”試写会 『戦火の馬』 (2012.3.2公開)

    Excerpt: twitterでフォローしている映画のお兄さんこと中井圭さん主催の”映画の天才”試写会で「戦火の馬」を観てきました。 あらすじ 第一次世界大戦の直前のイギリス。貧しい農家に引き取られた馬のジョー.. Weblog: 理性と感情の狭間で racked: 2012-06-18 23:03
  • 戦火の馬

    Excerpt: 2012年3月18日(日) 18:45~ 丸の内ピカデリー1 料金:1250円(有楽町のチケットフナキで前売り購入) パンフレット:700円(買っていない) 『戦火の馬』公式サイト 第一次世界大戦.. Weblog: ダイターンクラッシュ!! racked: 2012-06-19 01:06
  • 戦火の馬

    Excerpt: なんか時間が経ち過ぎて よく覚えていない感じですが、 なんと言っても 馬が素晴らしかったです。 最初ちょっとライバル同士だった 黒馬とジョーイが苦難を乗り越えて 友情が芽生えているみたいで.. Weblog: ルナのシネマ缶 racked: 2012-06-19 02:22
  • 戦火の馬 というより奇跡の馬だね

    Excerpt: ★★★★☆  マイケル・モーパーゴの原作をS・スピルバーグによって映画化された。背景は第ー次世界の英国。小作農の子アルバートと、愛馬ジョーイとのかけがえのない絆を描いたお話である。 序盤はよくある少年.. Weblog: ケントのたそがれ劇場 racked: 2012-06-19 20:51
  • 戦火の馬

    Excerpt: 梟の鳴き声。幸運のお守り。ノーマンズランドの奇跡。 Weblog: 悠雅的生活 racked: 2012-06-19 23:21
  • 戦火の馬

    Excerpt: 『戦火の馬』 “WAR HORSE” (2011・アメリカ・2h26) 製作・監督 : スティーヴン・スピルバーグ 出演 : ジェレミー・アーヴィン、ピーター・ミュラン、エミリー・ワトソン、ニエ.. Weblog: 映画尻エリカ racked: 2012-06-20 17:29
  • 戦火の馬

    Excerpt: 戦火の馬 ★★★☆☆(★3つ) 人々を魅了した馬のお話。 見どころは壮大な景色と、ダイナミックなオーケストラ音楽。 話は・・・。 やっぱり、動物ものって苦手ですわ、私。 それだけでお涙ちょう.. Weblog: 食はすべての源なり。 racked: 2012-06-24 10:20
  • 戦火の馬 War Horse

    Excerpt: ●「戦火の馬 War Horse」 2011 アメリカ DreamWorks SKG,Reliance Entertainment,Amblin Entertainment, The Kenned.. Weblog: 映画!That' s Entertainment racked: 2012-06-24 18:36
  • 戦火の馬

    Excerpt: スピルバーグ監督による最新作、本年度アカデミー賞ノミネート作品になります。 この作品の主人公は、人間ではなく、第一次世界大戦中、英国軍の軍馬として 戦場に送られた馬のジョーイでした。 ジョーイは、.. Weblog: 愛猫レオンとシネマな毎日 racked: 2012-06-30 21:14
  • 「戦火の馬」

    Excerpt:  なかなか合う時間がなかったけれど、漸く、しかもファーストデーに観に行くことが出来ました。サービスデーの恩恵に預かるのは本当に久しぶりなのですが、これだけ馬の美しさを堪能して1000円は安いくらい。物.. Weblog: 首都クロム racked: 2012-07-14 21:04
  • 「戦火の馬」

    Excerpt: 「戦火の馬」TOHOシネマズ渋谷で鑑賞 2012-025 スピルバーグマジック! やっぱり、スピルバーグって只者ではないと思わせてくれました。 戦争映画でこの尺。 戦争映画ってドンパチや.. Weblog: てんびんthe LIFE racked: 2012-07-18 21:22
  • 「戦火の馬」 壮絶馬人生!!(゚ロ゚屮)屮

    Excerpt: 巨匠スティーヴン・スピルバーグの待望の監督最新作[E:sign03] アカデミー Weblog: ジョニー・タピア Cinemas ~たぴあの映画レビューと子育て racked: 2012-07-26 20:36
  • 戦火の馬

    Excerpt: 動物ものってそれだけでお涙頂戴だからな~どうしようかな…と思いつつ借りてみた本作。 冒頭の朝日の昇る田園の美しい事。戦火に巻き込まれた馬ジョーイは軍用として徴収され、第一次世界大戦の戦場を点.. Weblog: いやいやえん racked: 2012-07-28 10:05
  • 『戦火の馬』『蜂蜜』をギンレイホールで観て、ふんふんぐーぐーふじき★★★,★★

    Excerpt: 『戦火の馬』 五つ星評価で【★★★お正月のTV特番みたいな映画だった】 なげーよ、スピルバーグ。 相変わらずなげーのに退屈させないのは流石だ。 まあ最近はそうでもない ... Weblog: ふじき78の死屍累々映画日記 racked: 2012-08-26 21:24