カメラ:友人と写真を撮るときに便利なアイテム!TiltPod




 2人の記念の写真どうやって撮っていますか?
 恋人、配偶者、家族との旅行、あるいは仲間同士で写真を撮ろうとしたときどうしますか?ほとんどのカメラにセルフタイマーがついているのでそれを使えば撮ろうと思えば撮れますが、実際三脚を持っていないと撮りたい画角で撮れないことの方が多いですよね。でもカメラ好きならともかく、普通の人が三脚を持ち歩くのは荷物になるし、そもそもカメラは持っていても三脚を持っていない人の方が多いくらい。
 「すみません。。。」と誰かに頼むの手もありますが、見ず知らずの人に頼むはちょっと…。相手も写真を撮ろうとしていればまだいいのですが、全く関係ない人には頼みにくいですよね。しかもちょっとイメージしていたのと違うんだよなぁと思っていても、撮り直してもらいにくいですし、治安の悪い国だとそのままカメラを持って行かれるかも知れませんし…。


 前置きが長くなりましたが、そんな時にオススメしたいのがこのアイテム。Tiltpodという製品。
 コンパクトデジカメ(スマートフォン用はこちら)用なのですが、カメラの向きを自由に固定できるので写真の撮りたいところに置いて画角を決めて、セルフタイマーで撮れるというもの。三脚のように高さ調整はできませんが、カメラを直接置くよりは自由度が格段に増します。


 セット内容はこんな感じ。左上の黒いのが台になります。取説は残念ながら英語のみですが、イラストだけで十分理解できます。無くてもいいくらいです。


 使い方は簡単。まず事前準備としてデジカメの底部にある三脚用の穴に鉄のネジを差し込みます。マイナスドライバか小銭で締めて固定します。三脚の穴がはじっこにあってバランスの悪いときや、ネジを取り付けると電池やメモリーカードを入れたり抜いたりするのに邪魔になる場合は、ネジではなくシールで固定する金具も付属しているのでそちらを使います。
 そして写真左上の台を必要に応じてカメラのストラップに固定するなど忘れたり無くしたりしないようにします。それで準備は完了。

 この台が磁石になっていて、使う時は台の磁石の部分にデジカメの底部に取り付けたネジを乗せるだけ。磁石でくっつくので必要に応じて角度を調整してセルフタイマーで撮影するだけ。

 ただ注意しなければいけないのが、磁石なので財布などに入れたクレジットカードなどの磁気カードに近づけられないと言うこと。もう1つは台の裏側は滑り止めのラバーがついているのですが、汚れると洗いにくいこと。特に地面に置くと、磁石なので砂鉄がついてしまいますが、そうすると滑り止めの効果もなくなってしまいます。

 たったこれだけの製品なのに旅行先で家族や恋人、友人などと一緒に写真撮るのがかなり楽になりますよ。オススメの一品です!




p.s.
 ちなみにこの記事執筆時、Amazonは送料が別途かかりますが、ヨドバシカメラなら送料無料でポイントもつくのでオススメです。









ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

2012年09月26日 21:37
十分に参考にさせていただきました。 結構写真をお願いするのって勇気がいるし、お願いして見た後に・・・・・(>_<) なことがあっても再度お願いはしにくいですものね。 カメラに慣れている人に頼めない場合もあって・・・  これは便利そう~! ちといろいろ調べてみましょう。
2012年09月27日 21:18
mintさん、こんばんは。
mintさんも結構写真を撮られるので、これならかさばらないし便利だと思いますよ。人に頼むのも頼みづらいですし、頼んで撮ってもらって「う~ん。」って思ってももう一度撮り直してもらうこともできませんしね。ただ、良い位置に置き場所がないとつらいのが玉に瑕。地面に置いてもいい感じで撮れないのが残念ですが、ストラップにつければかさばらないし、値段もそんなに高いものではないのでオススメです!

この記事へのトラックバック