映画:映画 ひみつのアッコちゃん



 原作は「ラミパスラミパス」しか知らないし、迷っていたのですが意外に評判がいいので映画 ひみつのアッコちゃんを見てきました。




●ストーリー(ネタバレあり)
 加賀美あつ子(吉田里琴)は、お化粧大好きの小学生。ところがクラスの男の子にとても大事にしていたコンパクトを割られてしまう。あつ子は家でコンパクトのお墓を作って悲しんでいた。その夜中、部屋の外に明るい光が。その光につられて外に出て行ったあつ子は鏡の精(香川照之)に出会う。その精は鏡を大事にしてくれたお礼に魔法のコンパクトをあつ子にあげるという。そのコンパクトは「テクマクマヤコン、テクマクマヤコン」という呪文の後になりたいものを言うと、それに変身ができるというのだ。
 もちろんそんなことを信じなかったあつ子だが、試しに「テクマクマヤコン、テクマクマヤコン、キャビンアテンダントにな~れ!」というと、そのコンパクトからまばゆい光が発せられ、キャビンアテンダントになっていた。しかしこの魔法のコンパクトは、誰にも内緒。もし誰かにばれてしまったら使えなくなってしまうと言う。あつ子はこのコンパクトのことは誰にも内緒にする。

 さてさて今日から冬休み。だけれどあつ子には塾の冬期講習があった。早速あつ子は大人(綾瀬はるか)に変身。あつ子は親戚に家に行くので講習は不参加だと塾に言いに行き、その足であこがれであったデパートの化粧品売り場に向かう。
 初めてプロの人にやってもらうお化粧にウキウキするあつ子。しかし、この赤塚化粧品はデザインがおばさんくさいと文句を言う。そこにやってきたのは先日遊園地で出会った早瀬尚人(岡田将生)だった。彼は赤塚化粧品の企画室室長。リサーチのために時々デパートの売り場に顔を出したりしていたのだ。
 尚人は率直な意見をずばずばというあつ子をアルバイトとして雇うことに決める。ところが当然ながらあつ子は働いたこともなければ、大人の空気も読めない。言葉遣いも子ども。コピーもとれないあつ子に先輩社員もイライラ。そんなあつ子をかばってくれる尚人に次第に恋心を抱いていく。

 そんな赤塚化粧品にとある危機が。売り上げが落ちている赤塚化粧品を増資する会社が現れたのだ。しかも増資とは名ばかりで乗っ取りに近い。乗っ取ったあとは、赤塚化粧品の社員も半減させるという。熱海専務(谷原章介)は、新社長に就任させるという増資会社の社長・鬼頭(鹿賀丈史)にそそのかされ、熱海専務もその気なのだ。しかし尚人は新商品を開発してこの状況を打開したいと考えていたのだ。しかし尚人たちの企画室が提案する新しい化粧品はことごとく熱海専務が仕切る経営会議でだめ出しをされてしまう。
 難しいことを知らないあつ子は、「金平糖のような形だとウキウキする。」「もっと華やかな色がいい。」と言い、先輩の青山マリ(吹石一恵)に、そんなの採算性があわないと頭ごなしに却下されていた。そんな時でも尚人は「何でも頭ごなしに否定していたら、新しい商品は生まれない。」とあつ子をかばうのだった。そして尚人はあつ子のアイデアをヒントに「温度によって色の変わる化粧品」の開発を熱海専務ら経営会議には秘密で始めることにする。
 そんな尚人を、そしてお母さん(堀内敬子)も大好きな赤塚化粧品を守るために、あつ子は総理大臣婦人(内田春菊)に変身し、赤塚化粧品を宣伝する。そのおかげで赤塚化粧品の売り上げは急上昇。それをおもしろく思わない鬼頭と熱海専務は、赤塚化粧品に有害物質が含まれていると情報を漏洩させる。その情報が広まり、株価はストップ安に。再びピンチになる赤塚化粧品。
 残された手段は筆頭株主である大庭鶴子(もたいまさこ)に、お客さんのために化粧品を作りたいと言う自分たちの思いをぶつけ、乗っ取りに株主総会で反対してもらうことだった。一社員が会えるわけがないという尚人をあつ子が後押しし、鶴子に会うことに成功する。しかし鶴子は「投資家は遊びで投資しているわけではない。」と尚人たちを追っ払う。さらにそこに鬼頭が現れる。鬼頭もまた鶴子に株主総会で買収に賛成するように頼みに来たのだ。
 そしていよいよ株主総会。予想どおり株主総会は大荒れに。「人の話はちゃんと聞きなさい!って小学校の時に先生に言われなかったの!人にはいいところと悪いところがあるの。私も先生にいつも楽をしようとズルをする。それが私の悪いところ。人の話を聞かないのはあなたの悪いところ!」とあつ子なりに株主総会で発言する。
 結局、赤塚化粧品の買収を受けるかどうか決を採る動議が出された。あつ子や尚人のまっすぐな気持ちに心を動かされた鶴子は買収に反対を投じるが、0.1%差で買収が成立された。
 そこにやってきたのは、あつ子にいつも優しくしてくれた赤塚化粧品の守衛(塚地武雅)だった。「いや~。仕事がなかなか終わらなくて遅くなりました。」と入ってくる守衛さん。「お前のようなところが来るところじゃないぞ!」と鬼頭が声を荒げる。しかし父親から赤塚化粧品の株を相続を受け、本来なら配当だけで食べていける身分の守衛さんだが、趣味で仕事をしていたのだ。その守衛さんはあつ子に味方し、再び決を取り直す。その結果、反対が0.1%上回り、今回の買収目的の増資は失敗に終わった。
 喜ぶあつ子や尚人だが、ひょんなことからあつ子は鬼頭の本来の狙いを知る。温度によって色が変わる成分は軍事目的に応用可能で、尚人の研究成果を某国の軍部に売り渡すためだったのだ。法的に乗っ取った買収という方法で願いが叶わなければ、手段を選ばないと、鬼頭は工場を爆破することにしたのだ。
 あつ子は工場に向かうが、自分の力ではどうしようもない。あつ子は猫のシッポナに化けて工場をくまなく探し、ようやく爆弾を見つけることに成功する。しかしどこから猫が入ってきたのかと工場の人があつ子を追いかけ回していた。しかもネコの姿ではこの奥に爆弾があることを伝えられない。正体がばれたら魔法が使えなくなる。しかし尚人や工場のみんなを守るためにはみんなの前で猫から人間に戻らなくてはならなかった。あつ子は大人のあつ子に戻って尚人にこの奥に爆弾があることを伝える。驚いた尚人だがもう時間がない。爆弾をはずした尚人は外に向かって爆弾を放り投げ、事なきを得た。
 あつ子は大人のまま家に帰るが、塾にも行っておらず、帰ってこないあつ子を心配していた母親に「今取り込み中なので。」と大人のあつ子を追い払ってしまう。家にも帰れず、尚人の前にも顔を出せないあつ子は公園で一人泣いていた。すると再び鏡の精が現れた。「アッコちゃん。なりたい自分にはなれたかね?」
 本当になりたかったのは、お嫁さんでも、キャビンアテンダントでもなかったことに気がついたあつ子は泣きながら「なれなかった。」と言う。すると鏡の精は、あと1回だけ魔法を使えるようにするので本当になりたかったモノになりなさいという。あつ子は小学生のあつ子に戻り、急いで家に帰る。
 それから12年後、大学生になったあつ子は就職活動で赤塚化粧品に向かう。面接官の一人としてそこにいたのは尚人だった。



●感想、思ったこと(ネタバレあり)
 ストーリーは全く期待しておらず、綾瀬はるかを見るためだけに映画館に行ったのですが、なんだこれ!おもしろい!まさか、ひみつのアッコちゃんで涙が出るとは思わなかった。綾瀬はるかの子どもっぽい演技に笑い、コスプレに癒され、ストーリーに涙しました。あっ、演技と言えば大杉漣の演技も笑えた!あの大杉漣が、あんな演技をねぇ!
 楽をするためにズルするアッコをしかる先生(柿澤勇人)。ズルをしても何もならないことを思い知るアッコ。何のために仕事をしているのかを思い出させてくれる尚人とアッコ。
 ひみつのアッコちゃんなんて今さら見ないよ~と思っている人は是非観て欲しいです。懐かしさと、仕事とは何か、初心に返って思い出させてくれ、明日からの仕事につなげられるかなと思います。






観て良かった度:●●●●● 5点 最低1点、最高5点










この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • ひみつのアッコちゃん

    Excerpt: JUGEMテーマ:邦画    「テクマクマヤコン」   「ラミパスラミパスルルルルル」  .. Weblog: こみち racked: 2012-10-20 21:48
  • ひみつのアッコちゃん(2012)

    Excerpt: SFアクション一歩手前 公式サイト。赤塚不二夫原作、川村奏祐監督、綾瀬はるか、岡田将生、谷原章介、吹石一恵、塚地武雅、大杉漣、堀内敬子、肘井美佳、内田春菊、柿澤勇人、吉田 ... Weblog: 佐藤秀の徒然幻視録 racked: 2012-11-17 20:18
  • ひみつのアッコちゃん(’12)

    Excerpt: 29日(水)、新橋のヤクルトホールで「ひみつのアッコちゃん」試写会、都合も合ったので、「いい加減な・・・」ブログのいい加減人(Yamato)さんとご一緒して見てきました。 故赤塚不二夫氏の人気漫.. Weblog: Something Impressive(KYOKOⅢ) racked: 2012-11-17 23:31
  • 『映画 ひみつのアッコちゃん』の4つの論点

    Excerpt:  綾瀬はるかさん主演で『ひみつのアッコちゃん』を映画するという報に接したとき、これは一本取られたと思った。もちろん制作は日本テレビのはずだ。  だからその面白さが保証つきなのは判っていたが、よも.... Weblog: 映画のブログ racked: 2012-11-18 01:37
  • 映画 ひみつのアッコちゃん

    Excerpt: 映画 ひみつのアッコちゃん え? まさか、ひみつのアッコちゃんが、実写化なのか・・・ 10歳の小学生が、鏡の精から、魔法コンパクトをもらう。 それを使って、アッコは、大人になる。 .. Weblog: 映画情報良いとこ撮り! racked: 2012-11-18 04:12
  • 「映画 ひみつのアッコちゃん」 意外にもまっすぐなお仕事ムービー

    Excerpt: 改めて言うことではないですが「ひみつのアッコちゃん」とは「おそ松くん」「天才バカ Weblog: はらやんの映画徒然草 racked: 2012-11-18 06:10
  • 映画 ひみつのアッコちゃん/綾瀬はるか、岡田将生

    Excerpt: 赤塚不二夫さんの傑作少女コミック『ひみつのアッコちゃん』。TVアニメ版は大好きで夢中になって観てました。一番最初に綾瀬はるかさんが実写版『ひみつのアッコちゃん』の主演に ... Weblog: カノンな日々 racked: 2012-11-18 09:13
  • 『映画 ひみつのアッコちゃん』 2012年8月29日 ヤクルトホール

    Excerpt: 『映画 ひみつのアッコちゃん』 を試写会で鑑賞しました。 なんか久しぶりのヤクルトホール...2ヶ月くらい行ってないよな。。。 確かに、直近はThaLADYでした。 【ストーリー】  鏡の精(香川.. Weblog: 気ままな映画生活(適当なコメントですが、よければどうぞ!) racked: 2012-11-18 09:29
  • 映画 ひみつのアッコちゃん

    Excerpt: 映画 ひみつのアッコちゃん (小学館文庫)クチコミを見る赤塚不二夫の国民的マンガを実写映画化した「映画 ひみつのアッコちゃん」。綾瀬はるかのコスプレがなんとも楽しい。10歳の小 ... Weblog: 映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評 racked: 2012-11-18 10:59
  • 映画 ひみつのアッコちゃん

    Excerpt: 2012年9月8日(土) 16:40~ TOHOシネマズ川崎プレミアスクリーン 料金:0円(フリーパスポート) 『映画 ひみつのアッコちゃん』公式サイト フリーパスポート2本目。 綾瀬はるかとい.. Weblog: ダイターンクラッシュ!! racked: 2012-11-18 18:57
  • 「映画 ひみつのアッコちゃん」子供視点から見て感じた大人の醜い争いと大人になるために必要な自分の意見と知識

    Excerpt: 「映画 ひみつのアッコちゃん」は漫画家故赤塚不二夫氏の大人気漫画「ひみつのアッコちゃん」を実写化した作品で、11歳の少女アッコちゃんがある日鏡の精から魔法の鏡を貰い、そ ... Weblog: オールマイティにコメンテート racked: 2012-11-18 19:59
  • あんぱんち最新出演作『映画 ひみつのアッコちゃん』舞台挨拶@新宿ピカデリー

    Excerpt: 基本、キャストを見られなきゃ映画を見ない人(爆)超久しぶりの舞台挨拶レポは、誕生から50周年を迎えた赤塚不二夫原作のマンガを実写化した『映画 ひみつのアッコちゃん』この映 ... Weblog: |あんぱ的日々放談|∇ ̄●)ο racked: 2012-11-19 14:04
  • 映画 ひみつのアッコちゃん

    Excerpt: 2012年 日本 120分 コメディ/ロマンス/ファンタジー 劇場公開(2012/09/01) 監督:川村泰祐『こちら葛飾区亀有公園前派出所 THE MOVIE ~勝どき橋を封鎖せよ!~』 原作.. Weblog: 銀幕大帝α racked: 2013-03-17 23:14
  • 「映画 ひみつのアッコちゃん」てえ~くまくまやこ~ん(^^;!

    Excerpt: [ひみつのアッコちゃん] ブログ村キーワード  言わずと知れた、“巨匠・赤塚不二夫 大先生”原作の国民的王道少女漫画、誕生50周年にして初の実写映画化!「映画 ひみつのアッコちゃん」(松竹)。『何で.. Weblog: シネマ親父の“日々是妄言” racked: 2013-03-19 01:04
  • 映画 ひみつのアッコちゃん

    Excerpt: 子役の娘が超絶可愛いなぁ。 Weblog: だらだら無気力ブログ! racked: 2013-03-26 01:28
  • 映画 ひみつのアッコちゃん

    Excerpt: 赤塚不二夫原作の少女漫画の映画化、映画化はこれが初めて? テクマクマヤコン テクマクマヤコン ○○にな~れ♪ …というフレーズと共に、主人公のアッコちゃんが希望の人間や職業になったりして人助.. Weblog: いやいやえん racked: 2013-03-31 09:20
  • 【映画】ひみつのアッコちゃん

    Excerpt: <ひみつのアッコちゃん を観ました> テクマクマヤコン×2、綾瀬はるかに、な~れ♪ 製作:2012年日本 人気ブログランキングへ 赤塚不二夫原作の少女マンガで過去3度もTVアニメ化された作品.. Weblog: ★紅茶屋ロンド★ racked: 2013-04-01 11:40
  • ひみつのアッコちゃん

    Excerpt: 赤塚不二夫の「ひみつのアッコちゃん」の実写版です。とは言うものの魔法のコンパクト Weblog: シネマクマヤコン racked: 2013-06-29 00:05
  • 『映画 ひみつのアッコちゃん』

    Excerpt: 映画 ひみつのアッコちゃん 小学生の女の子が魔法の鏡を使って変身 化粧品会社の乗っ取りを阻止する... 【個人評価:★★ (2.0P)】 (自宅鑑賞) 原作:赤塚不二夫のアニメ Weblog: cinema-days 映画な日々 racked: 2014-10-19 23:02