映画:推理作家ポー 最期の5日間



 あれ?公式サイトがなくなってる!いくら何でも早くない?と言うわけで推理作家ポー 最期の5日間を見てきました。




●ストーリー(ネタバレほとんどなし)
 1849年アメリカのボルティモア。ある夜女性の悲鳴が聞こえ、警察が急行してくる。現場に駆けつけたエメット・フィールズは部屋の扉の向こうで人の気配を感じ、扉を破って侵入する。ところがそこには母親が絞殺後に首をかき切られた死体しかなく、犯人は見当たらなかった。フィールズたちが部屋の中を調べると暖炉の煙突に娘の死体が宙づりになっているのを発見する。
 フィールズは密室と思われたこの部屋の窓にトリックが仕掛けられていることに気がつき、このトリックも殺害方法も数年前に発表された世界初の推理小説『モルグ街の殺人』にそっくりなことに気がつき、ポーが容疑者として浮上する。
 その頃、この小説を書いたエドガー・アラン・ポー(ジョン・キューザック)は街中で飲んだくれ、騒ぎを起こした酒場から追い出されていた。つけもきかず行き場を失ったポーは新聞の編集長・マドックス(ケヴィン・マクナリー)の元を訪ねる。先日書いた小説の批評記事の原稿料をもらうためだ。しかしポーは批判的な記事しか書かないため読者受けも悪く、マドックスはポーの記事を掲載しないことを決定。そのため原稿料も払われなかった。口論の末、諦めたポーは恋人のエミリー(アリス・イヴ)のところに向かう。しかしここでも父親のハミルトン大佐(ブレンダン・グリーソン)に二度と娘に近づかないようにと追い払われてしまう。
 渋々帰宅したポーの前に現れたのはエミリーだった。今度開かれるエミリーの誕生日パーティーの仮面舞踏会に来て欲しいと言う。招待客の前で婚約発表をすれば父親も結婚を許してくれるのではないかと考えたからだ。
 ちょうどその頃、ポーと同じくマドックスの新聞社で評論をしているグリズウォルドが、木の台座に固定され、巨大な刃の振り子によって同体を真っ二つに切られるというポーの推理小説『落とし穴と振り子』とそっくりの殺人事件が起こる。
 グリズウォルドの記事が新聞に掲載されたことでポーの評論記事は掲載されず、それがきっかけで時々ポーとグリズウォルドは口論もしていたこともあり、警察はポーを逮捕しようとする。しかしポーにはエミリーとあっていたアリバイがあり、フィールズは一転してポーに捜査協力依頼をする。
 グリズウォルドの口の中に犯人からの次の殺人予告が見つかる。それはその場所はエミリーのパーティーだったのだ。フィールズら警察が警備する中、パーティー会場にポーの小説『赤き死の仮面』そっくりに死装束の騎士が乱入。ところがこいつは金で雇われただけのおとりだった。殺人は行われなかったもののエミリーが何者かにさらわれてしまう。ポーとフィールズは殺人鬼に殺される前にエミリーを探し出そうと躍起になるが、犯人はこの事件のことを新聞に連続小説として掲載することを要求してきた。その要求に従えばエミリーの居場所のヒントを教えるという。
 ポーとフィールズはエミリーの居場所、真犯人を捕まえるために右往左往。ポーは疲れていても休めない。その日のことを新聞に載せなければならないのだ。しかも捜査は犯人の掌で頃がされているかのようになかなか進展せず、ハミルトン大佐も苛立ちを隠せない。
 そんな時、エミリーが目をさました。気がつくと身動きもできない木箱に閉じこめられ、しかも犯人によって土に埋められようとしていた。もはやポーらに残された時間はごくわずかしかなかった。。。


●感想、思ったこと(ネタバレあり)
 予告編を観てちょっと期待していました。予告編に使われていたあのミステリアスな音楽も期待を膨らませますよね。エドガー・アラン・ポーという小説家は知らなかったので、江戸川乱歩と似ているなぁと思っていたら、江戸川乱歩はこのエドガー・アラン・ポーをもじった名前なんですね。さらにそれをもじった名探偵コナンって…(笑)。
 内容的には勝手にロバート・ダウニー・Jr
シャーロック・ホームズシリーズを想像していたので、迫力に欠けましたね。テンポも良く退屈はしないんですが、見ている観客も一緒に推理をするというよりは、すでにある線路を進む列車のように、ストーリーを見ているだけで、あまりドキドキ感もなく。
 アクションも謎解きもなかったので、僕的にはちょっと期待したほどではなかったかなと言う感じでした。

 話は変わりますが、劇場にあった販促が金かけてましたね。床に投影しているだけでなく、床に投影された文字を足で踏んづけるとぴょーんと飛んでいくの。見るたびにあれで遊んでしまいました。




観て良かった度:●●●○○ 3点 最低1点、最高5点










ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

2013年01月26日 17:18
訪問&TBありがとうございます。
モヤモヤした内容でしたが、ラストは一応スッキリしました。
ポーのキャラがイマイチだったので、余計にフィールズが良くみえました。
2013年01月28日 00:56
すぷーきーさん、こんばんは。
確かにポーのキャラがどういうキャラなのか位置づけが微妙でしたね。なるほど。。。その辺、シャーロック・ホームズとは違いましたね。

この記事へのトラックバック

  • 映画『推理作家ポー 最期の5日間』★暗い!怖い!気色悪い!のゴシックムード満点!

    Excerpt:   作品について http://cinema.pia.co.jp/title/159499/ ↑ あらすじ・クレジットはこちらを参照ください。 &n.. Weblog: **☆(yutake☆イヴのモノローグ)☆** racked: 2013-01-20 17:54
  • Nevermore

    Excerpt: 有楽町はよみうりホールにて「推理作家ポー 最期の5日間」の試写会があり、これに足を運んだ。 本作の主人公はエドガー・アラン・ポー。怪奇幻想文学の歴史を繙くと、特にミステリ史においてその名は燦然と輝く.. Weblog: MESCALINE DRIVE racked: 2013-01-20 18:50
  • 推理作家ポー 最期の5日間

    Excerpt: 犯人は鏡の中のポー? 公式サイト。原題:The Raven。ジェームズ・マクティーグ監督、ジョン・キューザック、ルーク・エヴァンス、アリス・イヴ、ブレンダン・グリーソン、ケヴィン・ ... Weblog: 佐藤秀の徒然幻視録 racked: 2013-01-20 19:07
  • 推理作家ポー 最期の5日間

    Excerpt: 推理作家ポー 最期の5日間 ブルーレイ+DVDセット [Blu-ray]推理作家エドガー・アラン・ポーと模倣犯による壮絶な戦いを描いたミステリー「推理作家ポー 最期の5日間」。東欧ロケが独特 ..... Weblog: 映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評 racked: 2013-01-20 20:05
  • 「推理作家ポー 最期の5日間」

    Excerpt: ポー、好きです。私がボーだから…ってことではないですよ。 Weblog: 或る日の出来事 racked: 2013-01-20 22:35
  • 映画「推理作家ポー 最期の5日間」

    Excerpt: 映画「推理作家ポー 最期の5日間」を鑑賞しました。 Weblog: FREE TIME racked: 2013-01-20 23:04
  • 推理作家ポー 最期の5日間

    Excerpt: 映画館で見ました。 【予告orチラシの印象】CMで見ました。死ぬ前の最後の5日間 Weblog: うろうろ日記 racked: 2013-01-20 23:51
  • 推理作家ポー 最期の5日間

    Excerpt: 推理作家ポー 最期の5日間 1849年のボルチモアにて殺人事件が起きた。 この事件は、推理作家エドガー・アラン・ポーの作品と類似するところがあると気づいたひとりの若手刑事エメット・フィールズ。.. Weblog: 映画情報良いとこ撮り! racked: 2013-01-21 05:31
  • 推理作家ポー 最期の5日間

    Excerpt: 推理作家ポー 最期の5日間@よみうりホール Weblog: あーうぃ だにぇっと racked: 2013-01-21 05:46
  • 『推理作家ポー -最期の5日間-』 2012年10月4日 よみうりホール

    Excerpt: 『推理作家ポー -最期の5日間-』 を試写会で鑑賞しました。 3Dじゃないけど、弾が飛んで避けたり、いきなり殴るから避けたりとビックリすること... 【ストーリー】  1849年のボルチモア。ある.. Weblog: 気ままな映画生活(適当なコメントですが、よければどうぞ!) racked: 2013-01-21 07:40
  • 推理作家ポー 最期の5日間/ジョン・キューザック

    Excerpt: 日本のミステリー大作家・江戸川乱歩さんのペンネームの由来としても有名な世界初の推理作家エドガー・アラン・ポーの最期のの日々を描くサスペンス・スリラー作品です。エドガー ... Weblog: カノンな日々 racked: 2013-01-21 10:05
  • 推理作家ポー 最期の5日間☆偉大なる作家エドガー・アラン・ポーは、なぜ死んだのか…?

    Excerpt: THE ONLY ONE WHO CAN STOP A SERIAL KILLER       IS THE MAN WHO INSPIRED HIM. Weblog: ☆お気楽♪電影生活☆ racked: 2013-01-21 16:56
  • 推理作家ポー 最期の5日間

    Excerpt: 雰囲気だけは出ているミステリー 【Story】 1849年のボルチモア。ある殺人事件を担当することになった若手刑事エメット・フィールズ(ルーク・エヴァンス)は、事件が推理作家エドガー・.. Weblog: Memoirs_of_dai racked: 2013-01-21 22:49
  • 「推理作家ポー 最期の5日間」

    Excerpt: 「The Raven」 2012 USA/ハンガリー/スペイン 世界初の推理小説家とも言われる、かの有名なる、偉大なるエドガー・アラン・ポーが極貧に喘いでいたという事実を知り驚いた。著名なるアメ.. Weblog: ヨーロッパ映画を観よう! racked: 2013-01-21 23:20
  • 推理作家ポー 最期の5日間

    Excerpt: 1849年、ボルチモア。 ある殺人事件を担当することになった若手刑事エメット・フィールズ(ルーク・エヴァンス)は、事件が推理作家エドガー・アラン・ポー(ジョン・キューザック)の作品によく似てい.. Weblog: 心のままに映画の風景 racked: 2013-01-22 00:42
  • 『推理作家ポー 最後の5日間」翻訳を推理

    Excerpt: 懐かしいあのかんじ。 まだ小学生や中学生の頃よく読んでいた、直訳的な文章の古典文学や推理小説。 歴史的な名作であっても、翻訳が直訳的だと話しに入り込めないよね? 推理を解く前に、翻訳した文章が言.. Weblog: ノルウェー暮らし・イン・原宿 racked: 2013-01-22 16:13
  • 推理作家ポー 最期の5日間。

    Excerpt: 『推理作家ポー 最期の5日間』を観に行ってきました。 原題は『THE RAVEN』で、“カラス”? エドガー・アラン・ポーの作品に「大鴉」というのがあったよね。 今まで意識したことがなかったけど.. Weblog: すぷのたわごと。 racked: 2013-01-26 17:19
  • 推理作家ポー 最後の5日間

    Excerpt: 《推理作家ポー 最後の5日間》 2012年 アメリカ映画 - 原題 - THE Weblog: Diarydiary! racked: 2013-01-27 18:36
  • 推理作家ポー 最後の5日間

    Excerpt: 『推理作家ポー 最後の5日間』 “THE RAVEN” (2012・アメリカ・1h50) 監督 : ジェームズ・マクティーグ 出演 : ジョン・キューザック、ルーク・エヴァンス、アリス・イヴ.. Weblog: カプサイシンノココロモチ racked: 2013-01-28 20:11
  • 推理作家ポー 最期の5日間

    Excerpt: 天才推理作家エドガー・アラン・ポーの名前を知ったのは「江戸川乱歩」から。 逆パターンのようだけど、ワタシを含めて日本人の多くが、そうだろうと思う。 ポーの死は、いまだに謎に満ちているので、本作は、.. Weblog: 愛猫レオンとシネマな毎日 racked: 2013-02-21 20:52
  • 「推理作家ポー 最期の5日間」 ミステリー好きのための

    Excerpt: 劇場で見逃したので、レンタルで観賞。 主人公は「モルグ街の殺人」などの作品がよく Weblog: はらやんの映画徒然草 racked: 2013-04-08 21:07
  • 推理作家ポー 最期の5日間

    Excerpt: アパートの一室から響き渡る女性の悲鳴に警官隊がかけつけるも時すでに遅く、母親と思われる女性は首がほとんど切り離された状態で横たわり、娘は首を絞められ煙突に逆さまに突っ込まれていた。ドアは内側か.. Weblog: いやいやえん racked: 2013-06-02 09:23
  • 12-376「推理作家ポー 最期の5日間」(アメリカ)

    Excerpt: 大鴉は言った、二度とするな   1849年。アメリカ、ボルティモア。ある夜、密室で母娘が犠牲となる凄惨な猟奇殺人事件が発生する。  現場に駆けつけたフィールズ刑事は、それが数年前に出版されたエドガ.. Weblog: CINECHANが観た映画について racked: 2013-06-03 01:24