映画:メリダとおそろしの森



 2012年はDVDでの映画は1作しか観ませんでしたが、それがこの作品メリダとおそろしの森です。




●ストーリー(ネタバレあり)
 10世紀のスコットランド。ファーガス王(ビリー・コノリー)が収めるこのダンブロッホ王国は、今では国の有力な三人の領主、マクガフィン卿(ケヴィン・マクキッド)、ディンウォール卿(ロビー・コルトレーン)、マッキントッシュ卿(クレイグ・ファーガソン)とも友好関係にあり、平和な王国であった。
 王妃のエリノア(エマ・トンプソン)との間には娘のメリダ(ケリー・マクドナルド)と三つ子の男の子がいた。ファーガス王はメリダに弓を与え、活発に育てていた。そのため自由奔放で男の子っぽい性格になり、立派な王女に育て上げたいというエリノアと衝突することも多々あった。母であるエリノア王妃とぶつかるたび、メリダは愛馬のアンガスにまたがって森に向かっていた。
 エリノア王妃はメリダの夫を選ぶために3人の領主の息子たちを城に招き、武勇を競い、1位になった者を夫にすると言い出した。種目はメリダの指定した弓矢。3人は的をめがけて矢を放つが、結婚をしたくないメリダは自分も矢を放ち、自分が優勝してしまう。
 3人の領主や国民の前で恥をかかせられたエリノア王妃とメリダは激しく衝突し、メリダは王妃が大切にしている家族を描いたタペストリーを破いてしまう。メリダはそのままアンガスにまたがって森に向かうが、そこで不思議な鬼火を見つける。その鬼火をつけたメリダは森の魔女に出会うが、そこで禁断の魔法を売ってくれるように頼む。その魔法とは、母親の考えを変える魔法。しかし旅行目前で浮かれていた魔女が作ったのは「母親を変える魔法。」
 そうとも知らずメリダは魔法のケーキを早速エリノアに食べさせる。するとエリノア王妃は熊に変わってしまった。かつてファーガス王は凶暴な熊のモルデューに足を食いちぎられたことがあり、熊をひどく憎んでいた。もし熊に変わった王妃を見たらためらいもなく殺してしまうだろう。メリダは母親である熊を森へと連れ出し、魔法を解いてもらおうと魔女のもとへと向かう。
 ところが鬼火はおらず、ようやく見つけた魔女の家ももぬけの空。魔女の伝言によれば3日で魔法を解かないと二度と元の姿には戻れないこと、そして魔法を解くには過去を修復する必要があることを知る。
 何のことかわからないまま時間ばかりがすぎていく。
 一方、ファーガス王は娘のメリダと王妃のエリノアが城から行方不明になったことを知り、そして熊の目撃情報があったことから、2人が熊に襲われたと思い込む。ファーガス王は2人を助けた者をメリダの夫として認めると言い、3人の領主とその息子たちは森に熊狩りに出かけるが…。



●感想、思ったこと(ネタバレあり)
 へぇ。ピクサー映画初の女性主人公なんですって。意外。と言うか、ディズニー映画でも意外にピクサー映画は少ないってことですね。
 さて、映画の感想ですが。正直、え?これだけ?って感じ。
 ファーガス王の足を食いちぎったモルデューという熊も実は禁断の魔法を使って呪いをかけられていたんだけど、そのエピソードが弱い。それが後半のストーリーにつながってくるのかと思いきや、成仏してお終い。そもそも魔法を解く鍵がタペストリーを縫い合わせるだけ?
 物足りなさいっぱいの作品でした。劇場ではなくDVDで良かったかな。




観て良かった度:●●○○○ 2点 最低1点、最高5点










ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • 「メリダとおそろしの森」 大人としての勇気

    Excerpt: 初めて予告を観たとき、「プリンセス」「魔法」「魔女」という要素が強く印象に残りま Weblog: はらやんの映画徒然草 racked: 2013-01-28 19:45
  • メリダとおそろしの森

    Excerpt: 「メリダとおそろしの森」監督:マーク・アンドリュース、ブレンダ・チャップマン声の出演:大島優子、塩田朋子、山路和弘、天田益男、郷田ほづみ、内田直哉、木村有里配給:ウォ ... Weblog: マー坊君の映画ぶろぐ(新装版) racked: 2013-02-07 21:34
  • メリダとおそろしの森

    Excerpt: 母性本能おそるべし。   Weblog: Akira's VOICE racked: 2013-02-20 10:20
  • 『メリダとおそろしの森』(2012)

    Excerpt: 音楽がアイリッシュ調で素晴らしかったのですが、10世紀頃のスコットランドを舞台にしたお話だそうです。説教臭いおとぎ話風ではありますが、オリジナルストーリーみたいですね。想像していたのとは全く違う内容だ.. Weblog: 【徒然なるままに・・・】 racked: 2013-04-17 06:15
  • 『メリダとおそろしの森』 2012年7月11日 シネマメディアージュ

    Excerpt: 『メリダとおそろしの森』 を試写会で鑑賞しました。 吹替で観ましたが、吹替最高! 大島優子万歳 なかなか良いですよ 【ストーリー】  王女メリダは王家のしきたりや伝統に反発を覚え、娘に女性らしい優.. Weblog: 気ままな映画生活(適当なコメントですが、よければどうぞ!) racked: 2013-04-17 07:47
  • 少女は勇敢な弓を射る~『メリダとおそろしの森』 【2D・吹替え版】

    Excerpt:  BRAVE  中世スコットランドのある王国。お転婆な王女メリダは弓の名手で、愛馬と森 を駆けるのが大好きな女の子。そんな彼女は、しとやかで高貴な女性に育てよ うとする母.. Weblog: 真紅のthinkingdays racked: 2013-04-17 08:02
  • メリダとおそろしの森

    Excerpt: あっそうなんだ…これは邦題から誤解が生まれますね。てっきり北欧の森が舞台の魔女と魔法のファンタジック・アドベンチャーになるものと思い込んでしまう。実際のところは森自体はそんなに重要なファクター.. Weblog: いやいやえん racked: 2013-04-17 08:53
  • メリダとおそろしの森/大島優子

    Excerpt: ピクサーでは初と女性主人公の物語はスコットランドのとある王国を舞台に自ら招いてしまった森の呪いに対峙するヒロインの成長と活躍を描くというちょっとダーク系な香りも漂うフ ... Weblog: カノンな日々 racked: 2013-04-17 22:39
  • 映画レビュー「メリダとおそろしの森」

    Excerpt: メリダとおそろしの森 ブルーレイ(3枚組/デジタルコピー & e-move付き) [Blu-ray]クチコミを見る◆プチレビュー◆型破りな王女メリダの成長を描く「メリダとおそろしの森」。驚くほ.. Weblog: 映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評 racked: 2013-04-17 23:01
  • メリダとおそろしの森

    Excerpt: 「メリダとおそろしの森」を観てきました。3D字幕。 王ファーガスと王妃エリノアの娘メリダは、弓と乗馬が得意な活発な王女。年頃になったメリダに対し、伝統を重んじ気品を身に Weblog: Spice -映画・本・美術の日記- racked: 2013-04-17 23:42
  • メリダとおそろしの森・・・・・評価額1700円

    Excerpt: 母の愛は魔法よりも強し。 ピクサー・アニメーション・スタジオの長編第十三作目は、古のスコットランドを舞台に、初めて女性を主人公としたプリンセス物だ。 とは言っても、ディズニーの伝統的なプリンセ.. Weblog: ノラネコの呑んで観るシネマ racked: 2013-04-18 00:30
  • 「メリダとおそろしの森」 Brave (2012 PIXAR)

    Excerpt: いくらなんでも五十代の男が「メリダとおそろしの森」なんてタイトルのアニメを、3D Weblog: 事務職員へのこの1冊 racked: 2013-04-18 06:45
  • メリダとおそろしの森

    Excerpt: 『メリダとおそろしの森』 “BRAVE” (2012・アメリカ・1h40) 監督・脚本 : マーク・アンドリュース/ブレンダ・チャップマン 声の出演 : ケリー・マクドナルド、エマ・トンプソン、.. Weblog: カレサンスイノTTZMI racked: 2013-04-18 20:08
  • 『メリダとおそろしの森』('12初鑑賞76・劇場)

    Excerpt: ☆☆☆★- (10段階評価で 7) 7月21日(土) 109シネマズHAT神戸 シアター7にて 12:05の回を鑑賞。 Weblog: みはいる・BのB racked: 2013-04-28 14:34
  • メリダとおそろしの森

    Excerpt: トイストーリーのピクサーが描くファンタジーアドベンチャー。 太古から魔法が息づくスコットランドの神秘の森が舞台。 王家に生まれた王女メリダは、伝統に従い、同盟国の王子の中から 婿選びをさせられます。.. Weblog: 愛猫レオンとシネマな毎日 racked: 2013-05-28 18:50
  • メリダとおそろしの森

    Excerpt: ピクサー史上初の女性主人公。もじゃもじゃ赤毛の娘ってあたりにチャレンジ精神を感じました。配偶者選びになり、最初は「日本のかぐや姫っぽいオハナシなのかしら?」と思ってたら、あらあら、厳格なお母様側が魔女.. Weblog: のほほん便り racked: 2014-02-13 14:18