里帰り出産のために訪韓 (2014/12/31-2015/01/05)



 そろそろ9か月になるので里帰り出産するために奥さんを実家のある釜山広域市海雲台に連れていくことにしました。飛行機の値段が高いのですが値段がちょうど谷間になる大晦日に出発し日曜日に帰国する計画です。
 韓国は旧暦のお正月をお祝いするので1月1日は祝日ですがその前後は普通の日です。なので1月2日に病院に行きます。ウーパールーパーみたいな3D画像もだいぶ人間の顔らしくなってきました。でも目が飛び出ていて出目金みたいな顔。そんなことを言ったら奥さんに怒られました。



 家では甥っ子が聴診器で奥さんを診断してくれました。

 翌日は義弟家族と水族館というか海洋博物館に行きました。韓国で初めての国立海洋博物館で無料です。写真は入口にあったトリックアート。

 生物のタッチコーナーや水槽のトンネルmラジコンヨットなど甥っ子も喜んでいました。僕的には日本の水族館では当たり前のものなので物足りませんでしたけれどね。歴史的な展示物もありますがそちらは人気ないようです(笑)。

 これから数か月韓国に滞在することになるので、韓国のwifiルーターを買いました。韓国でもSIMロックがあるので日本では使うことはできません。月額は忘れてしまいましたが、月額で1,000円くらいだったと思います。最低使用期間は半年ですが滞在期間は3か月ちょっとなので後半はもったいないですけどね。
 そういえば日本の携帯は休止すると毎月割(?)がなくなってしまうらしくそのまま契約したままです。携帯もタブレットも2回線契約しているのに韓国に持って行ってしまっているので無駄金を払っているようなもの。まぁ、仕方ないか。

 海雲台でいただいた参鶏湯。スープがとても濃厚でおいしい。日本でも韓国でも参鶏湯を食べたことありますが、一番おいしいかも。

 海雲台の海では寒中水泳が行われていました。寒そぉ~。

 よくわからない着ぐるみが歩いてきました。この着ぐるみ、日本ではありえないです。歩くときは頭をとって歩いているんです。子供が近づいてくると頭をかぶる。それでいいのか?

 だから休憩中は頭がこんな感じで無造作に置かれています。楽屋裏とかではなくて普通に人が通るところにですよ。
 そういえばここで外国人向けに観光案内をしていました。日本語担当の女性は今回初めて日本人に観光名所を説明したとかで妙にテンションが高くて。化粧品のサンプルやパックをたくさんくれ、記念に写真撮らせてくださいと。そんなに日本人観光客は珍しいのか?

 海雲台の海水浴場から奥さんの実家のほうを眺めます。中央の高いビルのふもと付近にある小さなマンションが実家です。ちなみにこの高い建物は高層マンションです。2年くらいいん完成したのですが建築会社と販売会社とで値段交渉が難航していてまだ誰も入居していないんです。マンションができることを想定して近くにできたお店とかが倒産したりしているみたい。

 釜山の観光名所の1つ。国際市場(クッチェシジャン)。海雲台からバスで1時間弱だったと思います。今年の5月にここが舞台の映画も公開されるそうです。朝鮮戦争から現在に至るまで激しく、そして苦しい人生を歩んできた男とその家族のストーリーだそうで、評判がとてもいい映画らしいので楽しみです。

 ホットクをいただきました。中にヒマワリの種とかが入っています。ヒマワリの種ってハムスターじゃないんだからと思いましたが、これがなかなかおいしかった。ほかの屋台では釜山の名物のおでんと、トッポキをいただきました。

 国際市場近くにある釜山タワーに上りました。高さは120mなのでそうたいしたことはないのですが、周りに高い建物がないので見晴らしは最高でした。

 タワーから降りてきたら、なんじゃこりゃ。もしかしてクレヨンしんちゃん?

 もしかしてプーさんなのか?


 今回は奥さんを里帰り出産のために実家に預けるために訪韓したのですが、すっかり観光を楽しんじゃいました。
 これでしばらく会えません。寂しいけれど元気な赤ちゃんを産むために頑張ってほしいです。







あああああ

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック