イベント:ヨコスカ恐竜パーク2019



 前回行った国立科学博物館での恐竜博2019が骨格だけで不評だったので、今回は横須賀うみかぜ公園で行われたヨコスカ恐竜パーク2019に行ってきました。
 うみかぜ公園は近くまで行ったことはあるものの立ち寄ったのは初めて。マウンテンバイクのコースや、壁打ちテニス、スケボーもできるし、護岸からの磯釣り(釣りは平日のみ)、芝公園、バーベキューなどもできるとても広い公園でした。
 ヨコスカ恐竜パーク2019はその公園の芝生のバーベキューエリアの一角で行われていました。



 恐竜展は屋内が多いですが、ここは開放的な屋外に造園家である金井良一さんが恐竜の板時代の風景をプロデュース。そこにティラノサウルスをはじめとした、12種15体(全長3m~8m程度)のロボット恐竜が展示されている迫力のテーマパーク。
 他に子供向けのワークショップや恐竜アトラクションが!恐竜付きの子供を連れて行くにはいい感じの内容です。

 期待を胸に行ってみると、大して広くない。恐竜アトラクションなんて、デパートの屋上にありそうな動く乗り物。前日の雨で下は泥だらけ。写真を撮ろうにもパークを仕切っているビニールが映り込んじゃってなかなか良い写真が撮れない。込んでいるのは仕方ないが、おみやげコーナーも恐竜にちなんだ物をおもちゃ屋さんからかき集めてきました的な。おみやげコーナーやワークショップのところはビニールを貼っただけ。そして夏の日差しがもろで、暑すぎる。確かに恐竜ロボットは迫力があってすごいんだけど、この暑さで子供も早く帰ろうよ!だって。なんとか良い写真が撮れるまで頑張りましたが30分が限界。

 この写真からわかる用にパークの外からは見えないようにビニールで覆われているんですね。だから海沿いの公園なのに、恐竜パークの中は風が入ってこないんですよ。だから余計に暑い。
 入場料は大人が当日券1500円、子供が500円。3歳未満は無料なので、家族4人で3500円。正直、これで3500円かぁ、って感じでした。恐竜展は夏休みにあわせて夏にやることが多いですが、屋外なら春とか秋とかにして欲しかった。かなり体力を消耗しました。

 写真とは違うけれど、たまごから産まれたばかりの赤ちゃん恐竜を模したロボットがあったんですが、これはちょっと子供も怖かったみたい。大きなやつは平気なのに。

 恐竜パークから出てきて、親水護岸で遊びます。写真は無人島ツアーができる猿島。今度そこにも行ってみたいです。
 帰りはすぐ近くのよこすかポートマーケットで、食事&買い物。横須賀・三浦でとれた旬の魚介類や野菜の直売所です。買った物をその場で食べるスペースなども用意されていて、横須賀・三浦に行ったときは必ず寄る場所。(残念ながら2019年12月で閉店。2021年春にリニューアルオープン予定)
 しかし!ここで買った物を、家に帰って車から降りるときにおろすのを忘れてしまい、気がついたのは翌日の夕方。野菜はしおれ、魚類は全滅。もったいなかったなぁ。子供が2人とも寝てしまったので、2人をだっこでベッドに運んでいる間にトランクに入れた荷物のことをすっかり忘れてしまいました。
 また行きたいけど2021年かぁ。
 













ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント