「アンダーワールド エボリューション」見てきましたが・・・。



 1~3月までは、10本/月のペースで映画館に行ってましたが4月になってそのスピードは鈍化。5月からは挽回せねば。

 というわけで、早速アンダーワールド エボリューションを見に行ってきました。この映画は2003年に公開されたアンダーワールドの続編。実は前作を見ずに行ったのでどうだろうか・・・。



●ストーリー(ネタバレなし)
 ヴァンパイアのセリーン(ケイト・ベッキンセール)は、狼男の一族ライカンと戦っていた。ヴァンパイア一族を治めるビクター(ビル・ナイ)が自分の家族を虐殺していた過去を知り、セリーンはヴァンパイアとライカン(狼男)の混血種であるマイケル(スコット・スピードマン)と協力し、復讐を遂げる。しかし二人はヴァンパイアからもライカンからも追われる身となってしまう。

 ライカンの始祖であるウィリアムはビクターによって捕獲され、幽閉されていた。ヴァンパイアの始祖でありウィリアムの兄弟であるマーカスは、ウィリアムを助け、二人で世界を牛耳ろうと計画する。

 一方、セリーンとマイケルは追っ手をかわしながら張り巡らされた陰謀を暴くうちに、何世紀にもわたって種族闘争を繰り広げてきた、ヴァンパイアとライカンの創世の秘密を暴こうとする。その中でマーカスの計画を知った二人は、それを阻止しようとする。





●感想、思ったこと
 前作を見ていなかったので、独特の世界観に入り込めなかった。一応最初にこれまでの経緯が字幕で紹介されましたが、それと前作のホームページだけの前知識だと、アンダーワールドの世界には浸りきれないと思う。

 ゴシック調の映像美はとても美しく、また主人公のセリーンもイーオン・フラックスと同じくらいかっこいいのですが、何せ前作を見ていないので、へぇ~で終わってしまう。見終わった後も公式サイトや別の方のブログを参考にしないと上のストーリーが書けなかった。もしアンダーワールドエボリューションを見ようと思っている人がこのブログを読んでくれていましたら、まず前作をレンタルしてきてから見ることをおすすめします。

 毎度おなじみの前売りのおまけですが、今回はポストカード。そのうち1枚はペーパークラフトになっています。




オススメ度:●●○○○
前作を見ていればもっとポイント高かっただろう・・・。








"「アンダーワールド エボリューション」見てきましたが・・・。" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント