レント(RENT)見てきました



 映画の予告を見て「すてきな曲だ。絶対見るぞ」と思っていたレントを見てきました。



●ストーリー(ネタバレあり)
 ニューヨークのイースト・ヴィレッジ。人気バンドで活躍していたロジャー(アダム・パスカル)は、恋人がドラッグとエイズを苦に自殺して以来、作曲ができなくなっており、ロフトに引きこもっている。ルームメイトのマーク(アンソニー・ラップ)はドキュメンタリー映像作家を目指している。マークは移り気なモーリーン(イディアナ・メンゼル)と別れたばかりで、そのことをまだ引きずっている。モーリーンは女弁護士ジョアンヌ(トレイシー・トムス)と同性愛をしている。
 そんな折、ロジャー達の前にやってきたのは、かつてふたりと共に暮らしていたベニー(テイ・ディグス)。金持ちの娘と結婚したベニーは、この付近の土地の所有者となり、彼らに立ち退きを迫るようになっていた。
 同じ頃、ロジャーは階下に住むナイトクラブのダンサーであるミミ(ロザリオ・ドーソン)と出会い、心惹かれていくが、ミミもドラッグをやっておりロジャーはミミにドラッグをやめさせようと迫る。
 ロジャー、マークの親友のコリンズ(ジェシー・L.マーティン)は、ある日ごろつきに襲われたところを助けた、ストリートドラマーのエンジェル(ウィルソン・ジェレマイン・ヘレディア)と恋に落ちる。

 ベニーはここ一帯の再開発を行うためロジャー達に立ち退きを迫るが、モーリーン達は抗議デモのライブを行う。一方エイズ患者であるコリンズやエンジェルはエイズ患者のライフサポートに参加する。マークはエイズ患者ではないがドキュメンタリーを作る一環で、そのライフサポートにも参加する。
 モーリーンとジョアンヌは婚約するが、婚約発表パーティーその日、価値観の違いから大げんか。
 ロジャーはミミの元恋人への嫉妬、やめようにもやめられないドラッグへの嫌悪からミミの元から一旦は離れるが、ミミへの思いが消えずニューヨークに戻ってくる。しかしそこにミミはいない。
 エンジェルの様態が悪化。コリンズを含めみんなで看病するもエンジェルは他界してしまう。
 みんな精一杯生きている。その一生懸命来ている様をミュージカルに仕上げた作品。





●感想、思ったこと
 オペラ座の怪人に感動してからミュージカルにはまってしまい、劇団四季のミュージカルを見るようになりました。このレントもミュージカルを映画化したもの。1996年4月29日、脚本家ジョナサン・ラーソンが書き上げた作品は、ニューヨークのネダーランダー劇場という小劇場からスタートした。スター俳優を起用したわけでもないが、たった3ヶ月でブロードウェイへ進出。トニー賞のみならずピュリッツァー賞までも獲得した。そんな伝説のミュージカルだそうだ。
 1980年代にはアメリカではHIVが社会現象となっておりジョナサンも友人をエイズで亡くしたそうだ。レントはエイズを死をおそれながらも一生懸命生きていく8人の人生とその交わりを描いた作品。
 ただこの映画にあるような同性愛の婚約パーティーやエイズなどは日本では正直一般化していない。そういった意味ではストーリーを素直に受け入れるのは難しい作品かなと思います。
 また、観客のいないステージで8人がSeasons of Loveこちらのページから視聴できます)を歌うシーン。とても好きです。もちろん曲も。
 この作品で使われている曲はロック、ゴスペル、タンゴなどいろいろな曲があるが、英語が苦手なこともあり、Seasons of Love以外は僕的には耳に残らないです。ちなみに、こちらのサントラCDはSeasons of Loveでは雰囲気を変えて4曲収録してありますが、映画で使われているものは含まれていないので、買うときは気をつけてください。

> あなたは一年を何で数えますか? (Seasons of Loveより)
うーん。深夜のコーヒーカップの数って、僕コーヒー飲めないしなぁ。深夜の缶チューハイの缶の数ならいいかも。
キスの数?愛の数?数えるには少なすぎる。失恋の数ならちょうど良いかも。(汗)
死の数?これも少なすぎるよね。
何で数えるかなぁ。


以下ネタバレです。注意!!
話は変わりますが、なんかちょっと長かったというイメージです。エンジェルが亡くなって終わるのかなと思ったら結構続くし、他にもこれで終わりかな?と思ったらまだ続くというのが何カ所か。(トイレに行きたくて、心のどこかで「早く終わって~」ってのがあったのかもしれないけど。)その割に、ミミが死んでしまったと思わせておいて、生き返るところはタイミングが早かったように思います。もうちょっとためても良かったかな。



 おなじみ前売り券につくおまけのキャンドル。ロジャーとミミが知り合う重要なシーンでキャンドルが使われているので、そこにちなんでキャンドルです。
 映画の前売り券って1,300円が多いのですがレントは1,500円とちょっと高め。



オススメ度:●●●●○








"レント(RENT)見てきました" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント