美術館:THEハプスブルク @ 国立新美術館




 先週久しぶりに仕事で外出の用事があり、そのまま不帰社にして国立新美術館で行われているTHEハプスブルク展を見に行ってきました。
 無知な私は“ハプスブルク”がなんなのかも知りません。美術館の名前なのか、画家の名前なのか。そんなことも知らずに大雨の中(しかももちろんスーツ)、国立新美術館に向かいます。(金曜日は20時までなので、仕事帰りでも大丈夫なんです。)
 結論から言えばヨーロッパ随一の名門王家と言われている貴族の家系なんですって。

 前回見に行ったルーブル美術館展はもう烏の行水のよう、満員電車の中から絵を見ているよう。でも今回は夜とはいえ、土砂降りの平日。若干すいていますが、ガラガラというわけでもありません。でもこのくらいのこみようならば不自由なく堪能できる混雑でした。

 今回のTHEハプスブルク展は全116展。そのうち絵画は78点。工芸と武具が38点。絵画のうち3点は、明治天皇が皇帝フランツ・ヨーゼフ1世に友好のしるしとして贈った画帖で、140年ぶりに日本に戻ってきた作品です。



フランツ・クサファー・ヴィンターハルター《オーストリア皇妃エリザベート》
1865年 油彩、カンヴァス 国家家財管理局 宮廷家財庫 ウィーン家具博物館蔵
©Bundesmobilienverwaltung - Hofmobiliendepot Möbel Museum Wien
 最初は“ハプスブルク家の肖像画”ということで皇帝や王妃など8点の作品が。中でも目玉作品の1つである《オーストリア皇妃エリザベート》は圧巻。
 フランツ・ヨーゼフ1世が見合いをしたそうなんですが、その見合い相手ではなく見合い相手の妹に心を奪われてしまったそうです。その相手がこのオーストリア皇妃エリザベート。当時28歳のころの肖像画。



グイド・カニッチャ《クレオパトラの自害》
 次はイタリア絵画ということで27点。イタリア絵画ってどれも目が死んでいる。だから見ていてつまらない。右の《クレオパトラの自害》は自害したクレオパトラを侍女たちが悲しむというシーンなのですが、表情は悲しんでいても目は悲しんでいない。というか目からは何も感じられない死人のような目です。構図もおかしくって、毒蛇に噛まれて自害したそうで、絵もヘビがクレオパトラの腕を噛んでいるシーン。それを侍女たちが取り囲んでいるんです。今まさにヘビが噛んでいるならば侍女たちは噛まれるのを見守っていたと言うことになります。なんかおかしいと解説を読むと、最初はクレオパトラだけが描かれていたのをあとから侍女を描きたしたそうなんです。
 ちなみにクレオパトラ7世は最後の女王で、後の皇帝となるオクタヴィアヌスの屈辱を拒んで自殺したそうです。



ルーカス・クラナッハ(父)《洗礼者聖ヨハネの首を持つサロメ》
1530年代 油彩、板 ブダペスト国立西洋美術館蔵
©Szépművészeti Múzeum Budapest
 次はドイツ絵画。ドイツの絵画って他のヨーロッパに比べてちょっと独特かも。
 ユダヤの王ヘロデの継娘であるサロメ。洗礼者ヨハネの首を求め、ヘロデがその願いを聞き入れたそうです。美しい服に身をまとったサロメが生首を持つ姿は対照的。おぞましいシーンではありますが、観るものをどことなく惹き付けます。
 ちなみにショップではこの絵の絵はがきが売られていました。けれど部屋にはあまり飾りたくない絵ですよね。


 特別出品の画帖や絵巻はとても混んでいてなかなか見られなかったので遠くからちょっと見ただけ。工芸と武具も見ていておもしろさがわからないのでスルーです


ディエゴ・ベラスケス《白衣の王女マルガリータ・テレサ》
1656年頃 油彩、カンヴァス ウィーン美術史美術館蔵
©Kunsthistorisches Museum, Vienna
 次はスペイン絵画。
 今回の展示の目玉の1つである《白衣の王女マルガリータ・テレサ》。スペイン王フェリペ4世の王女で、神聖ローマ皇帝レオポルト1世の皇后。1666年にレオポルト1世と結婚するが1673年に4人目の子を産み、1673年に21歳の若さで他界。血族結婚の繰り返しのため。
 この絵を見たのは初めてですが、ルーヴル美術館展で、4歳の時の肖像画を見ているような気がする。作品集買っておけば良かったなぁ。



ディエゴ・ベラスケス《皇太子フェリペ・プロスペロ》
1659年 油彩、カンヴァス ウィーン美術史美術館蔵
©Kunsthistorisches Museum, Vienna
 同じくスペイン画ですが、同じ作者(ディエゴ・ベラスケス)の《皇太子フェリペ・プロスペロ》。これも今回の展示の目玉の1つ。2歳の頃の肖像画ですがこの2年後に亡くなってしまいます。病弱でスカートなどについている鈴は病魔から身を守るための魔除けだそうです。



ハンス・フォン・アーヘン《鏡を持ってふざける男女》
 最後はフランドル・オランダ絵画。フランドルとはあまり耳にしない言葉ですが、日本ではよくフランダースと言えば聞いたことがある人も多いでしょう。、オランダ南部、ベルギー西部、フランス北部にかけての地域のことだそうです。
 今回の作品の中では珍しく表情豊かだったので印象に残りました。



ピーテル・デ・ホーホ《女と子供と使用人》
 フェルメール展でファンになってしまったピーテル・デ・ホーホの作品。フェルメール展で見たことがあるような気がするのですが、検索しても出てこない。フェルメール展では《女と子供と召使い》として紹介されていたようです。


 前回のフェルメール展ルーブル美術館展のような特に惹き付けられる絵が少なかったのですが、なんか忙しい師走の中で癒された2時間でした。美術についてよくわからない僕ですが、たまには美術館もいいですよ。



p.s.
 クリアファイルと絵はがきを購入しました。来年も今年に続いて信念のプレゼントイベントを行う予定すので、ご応募お待ちしています。ちなみに、今年の当選確率は50%以上という高確率でしたので。。。





※1/7までの期間限定キャンペーンです。実際の送料は注文時にご確認ください。




"美術館:THEハプスブルク @ 国立新美術館" へのコメントを書く

お名前
ホームページアドレス
コメント