映画:ザ・タウン



 銀行強盗の覆面が印象的な予告編。そしてこの作品に出演しているピート・ポスルスウェイトが今年2011年1月2日に死去され、本作が遺作となったザ・タウンを観てきました。



●ストーリー(ネタバレあり)
 ボストン北東部のチャールズタウン。この町はアメリカで一番、銀行強盗および現金輸送車の襲撃事件が多い街だった。そこに住む者は愛と憎しみを込めて“タウン”と呼んでいる。タウンでは銀行強盗が親から子へ継ぐ家業のようなもの。ここに住むダグ(ベン・アフレック)もその一人で、骨肉(こつにく)分けた家族のように育った3人の仲間と銀行強盗を繰り返していた。
 この日はとある銀行を襲う計画だ。入念に立てた計画どおり銀行に押し入り、支店長のクレア(レベッカ・ホール)に金庫を開けさせる。ところがクレアはダグらの隙を見て無音警報機のスイッチを押す。怒ったダグの仲間のジェム(ジェレミー・レナー)は副支店長を半殺しにする。一味は要人のためクレアを人質にとって逃走する。車を乗り換え、無事に脱出した彼らは海辺でクレアを解放する。
 警告のためクレアから免許証を奪った彼らだが、クレアもまたタウンに住んでいることを知り、もし何か見られたら身元がばれてしまうことを恐れ、ジェムはクレアをばらそうと提案する。しかしダグはクレアに接近し、何を見たかを探ることにする。
 ランドリーでクレアに近づくダグだが、次第に二人は惹かれあってしまう。ダグはクレアと新しい生活を築くため、足を洗いたいと言うが、黒幕であるファギー(ピート・ポスルスウェイト)やジェムはそれを許さなかった。それどころかファギーは大リーグスタジアムの売り上げを奪うように言う。もしこの仕事をしなければ手下にクレアを襲わせると言う。
 一方、FBI捜査官のアダム・フローリー(ジョン・ハム)はダグらに目をつけるものの証拠がないため、手が出せないでいた。
 アダムからダグが自分を人質にとった銀行強盗、張本人であることを聞かされたクレアはひどく悲しむ。
 一方、アダムはジェムの妹でダグの元恋人であるクリスタ(ブレイク・ライブリー)に目をつける。クスリをやっていることを突き止められたクリスタは見逃す代わりに、そしてダグに捨てられたこともあり、彼らの計画をアダムに教える。
 そんなことを知らないダグやジェムらはまんまと保管室から金を奪うことに成功する。逃走用の救急車に乗り込んだ一味だが、さっきまでいた人々がいないことに気がつき、様子を見るダグ。ダグが外を確認すると大勢の警官が待機していた。
 どうやって逃げ出すか思案しているとFBIらが突入してきた。警官に扮してなんとか逃げ出すことに成功したダグとジェムだが、ジェムはアダムに見つかり逃走中に射殺されてしまう。兄弟のように育ったジェムの死を悲しむ暇もなくダグは一人逃走する。
 アダムはクレアを監視する。アダムの予想どおりダグはクレアに連絡を入れる。クレアは家に監視はなく戻ってきて欲しいと言う。しかしダグは近くからクレアを見ていた。当然、監視がいることも承知だ。クレアは最後に「今日は晴れた日だもの。」と付け加える。クレアにとって晴れた日は良くない日であることであり、その隠語を理解したダグはファギーと手下を殺してタウンをあとにする。
 アダムもまたそれが隠語であることを理解し、クレアの家から監視を引き上げさせる。
 ダグから送られた金を受け取ったクレアは、二人の思い出でもある街のスケートリンクに寄付をする。



●感想、思ったこと(ネタバレあり)
 クライム映画かと思って、アクションなんかを期待していたのですが、あんまりそう言う要素がなくてちょっと残念。どちらかというとラブロマンス?もしクレアが隠語を言わなかったらきっとダグはFBIが家にいるのを承知でクレアに会いに行ったんでしょうね。最後はちょっと切なかったですね~。
 でも、そうは言ってもダグは犯罪者。しかも凶悪犯ですよ。そう思うと完全に感情移入できずにどこかさめた目で見ている自分。前半はスピード感ある強盗シーンが楽しかったのに、後半がねぇ。。。
 しかも強盗して奪った金を受け取っちゃうの、クレア?銀行から奪われた金じゃないから金を洗濯する必要はないかも知れないけど、使っちゃうなんて…。

 話は変わりますが、今年早々に亡くなられたファギー役のピート・ポスルスウェイトさん。主役級の役は少ないものの特徴ある顔立ちでしから見たらすぐわかりますよね。意外にこの人の作品観ているんだなぁ。享年64歳。まだ若いのに残念です。冥福を祈ります。




観て良かった度:●●●○○ 3点 最低1点、最高5点






※2010/11/01よりAmazonが配送する商品の配送料が無料になりました。




"映画:ザ・タウン" へのコメントを書く

お名前
ホームページアドレス
コメント