映画:コンティジョン



 バイオもの好きなんですよね。少しだけですが大学時代や仕事でも携わったことがあるからでしょうか。アウトブレイクがとてもおもしろかったと言うこともありますけれど。と言うわけで、久々のバイオものの映画、コンテイジョンを見てきました。。


●ストーリー(ネタバレあり)
 とある畜産業企業の重役のベス・エムホフ(グウィネス・パルトロウ)は香港への出張の帰り、夫・ミッチ(マット・デイモン)の待つミネソタの自宅には向かわず、シカゴへと向かう。そこはかつての恋人がいるのだ。一夜を共にした後ベスはシカゴへと帰っていく。ところがベスは咳が止まらず熱もすごい。心配するミッチだが、2日後、ベスの連れ子であるクラークの目の前で発作で倒れてしまう。病院にクラークにベビーシッターを頼んで病院に向かうミッチだが、ベスは緊急手術の間に亡くなってしまう。さらに悪いことにその病気はクラークにも感染しているが、その間クラークは保育所に行ったり外で遊んだり・・・。
 ベスト同じ症状の病人は香港、ロンドン、東京、世界各地で現れるばかりか、クラークも命を落とす。そうこうしているうちにも感染は広まっていく。
 報告を受けた世界保健機構WHOはDr.レオノーラ・オランテス(マリオン・コティヤール)を現地に派遣する。一方アトランタの疾病予防センター(CDC)のエリス・チーヴァー博士(ローレンス・フィッシュバーン)はエリン・ミアーズ博士(ケイト・ウィンスレット)を米国で最初の患者が出たミネソタへと派遣する。独自に調査を行っていたカリフォルニア大学では通常ならコウモリとブタにしか感染しないウイルスが混ざり合った新種のウィルスが原因であることを突き止めることに成功する。その成果をCDCに伝えるが、このウィルスはレベル4として扱われることになり、その専用の施設のないカリフォルニア大学での研究は中止を言い渡される。しかしこの医師は現時点では予防方法も治療方法もないこのウイルスに対するワクチンの開発を独自に続ける。
 愛する妻と息子を失ったミッチのところに娘のジョリー(アンナ・ジャコビー=ヘロン)が帰ってくるが、ミッチも感染している可能性があると壁越しにしか再開できないでいた。
 やがてWHOは48時間以内に世界の主要都市に拡散すると発表し、CDCはミネソタを始め、感染者の出た地域を封鎖することを決定する。チーヴァー博士は封鎖地域に住んでいる恋人に、感染の症状が出ていないならすぐにその場所から離れろと電話で告げる。しかし封鎖後その事が公になるとチーヴァー博士の立場が危うくなってしまう。
 そんな折り、疑問を抱いたフリージャーナリストのアラン・クラムウィディ(ジュード・ロウ)は政府や製薬会社は自分たちの利権のため特効薬を隠蔽しているとブログで公開する。アラン自身も発症したがレンギョウを飲むことで完治したと自分自身のことを動画を交えて公開したのだ。街は大混乱。街ではレンギョウを求めて暴動が勃発。アランのブログのアクセス数はうなぎ登りだ。
 CDCやWHOではこの恐ろしいウイルスのワクチンを開発しようと躍起だが、すぐに変異してしまいなかなかワクチンを作れない。そんな時、ミアーズ博士やCDCの研究者のアリー・ヘックストール博士(ジェニファー・イーリー)も感染。ミアーズ博士は死亡する直前まで患者を助けようとしていた。ヘックストール博士は臨床検査をしている時間はないと研究中のワクチンを自らに打ってみる。
 数時間後彼女の症状は軽減してきた。ワクチンの開発は成功。アメリカとフランスで急ピッチに治療薬の製造が開始された。その事を知った中国衛生部の担当官・スン・フェンは自分たちの出身の村を助けようと治療薬と引き替えにWHOのオランテス博士を誘拐する。WHOは彼女と引き替えにワクチンを渡すことにする。アランテス博士は無事に戻ったものの、スン・フェンに渡したワクチンは偽物だったことを知ったアランテス博士は困惑する。彼女は拉致されている間、中国の子供たちに読み書きを教えており、村人たちに感情移入していたのだ。彼女にとって自分たちの国の人も、自分を誘拐した村の人たちも同じ人間。みんなを助けたいと願っていたのだ。
 米仏が治療薬を製造しているという噂がネットで拡がり焦ったのはアランだった。アランは実は自分は感染しておらず、レンギョウを扱う業者から裏金をもらっていたのだ。当局に捕まったアランだが、今でもアランを信じている人たちが集まって保釈金を払い、当局に大きな圧力をかけたことで、当局も彼を保釈するしかなくなってしまう。
 やがてワクチンの製造が進むと、抽選でワクチンの配布が行われ始め、この事件は収束をはじめた。
 そして明かされる新型ウイルスの誕生の秘密。それは無理な畜産地開発が原因だったのだ。



●感想、思ったこと(ネタバレあり)
 冒頭にも書いたけれどウイルスとか感染症とかバイオもの好きなんですよね。この映画はバイオものとして見るとかなり拍子抜けですね。最後まで謎に包まれたDay:0。え?それだけ?って感じですね。最初の感染者を見つける調査も中途半端だし、すぐに変異してしまうウイルスの対応への描写もほとんど描かれていない。なぜか感染しないミッチの血液を調べる事もしないし。この映画はあくまでもパニックに対して、大事な人を守りたいという思いを描いたヒューマンドラマですね。おもしろかったんですけど、僕的にはちょっと拍子抜けでした。でも、最後の娘とその友達(彼氏?)とのダンスシーン、その傍らで妻の写真を見て泣くマット・デイモンのシーンはジーンと来ましたね。あのシーンだけでも見る価値があったと思うシーンでした。
 映画の限られた時間に詰め込む必要があるのですが、やっぱり時間的制約のないドラマRe:Genesisの方がおもしろいです。

 ところでこの映画やっているときに、妙に咳き込む人が多かったのは気のせい?ちょっと怖いぉ...。




観て良かった度:●●●●○ 4点 最低1点、最高5点










"映画:コンティジョン" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント