テーマ:戦争映画

「硫黄島からの手紙」見てきました。

 この映画のおかげで「硫黄島に行くにはどうすればよいのか?」という問い合わせが今までは月に1回くらだったのが、今では1日に何回も問い合わせがあるようになってしまったと新聞に載っていました。と言うわけで硫黄島からの手紙見てきました。 ●ストーリー(ネタバレなし)  2006年、硫黄島。地中から発見された執着通もの手…
トラックバック:190
コメント:47

続きを読むread more

「父親たちの星条旗」見てきました

 今年90本目(映画館のみカウント)は父親たちの星条旗を見てきました。 ●ストーリー(ネタバレなし)  ウィスコンシン州で葬儀社を営むひとりの老人が、長い人生に別れを告げ、最期の時を迎えようとしている。彼の名前は、ジョン・“ドク”・ブラッドリー。1945年、海軍の衛生兵として硫黄島の戦いに赴き、激戦を戦い、そこで撮ら…
トラックバック:124
コメント:16

続きを読むread more

戦場のアリア 見てきました。

 今回は戦場のアリアです。最近はイノセントボイス、ホテルルワンダなど、戦争映画が多いような気がします。特にこの2作は僕の中で非常にすばらしい作品でした。今回の戦場のアリアにも期待が持てます。 ●ストーリー(ネタバレあり)  1914年のスコットランドのある教会にある青年が息を切らして入ってくる。「いよいよドイツに宣戦…
トラックバック:39
コメント:15

続きを読むread more

「ジャーヘッド」見てきました

↑前売り券のおまけのシリコンバンド 今年はテロや戦争を題材にしたノンフィクションが多いなぁ。その中でもイノセントボイスとホテルルワンダは僕にとっては最高の傑作でした。果たして今回見たジャーヘッドはどうでしょうか。 ●ストーリー(ネタバレなし)  父も祖父も海兵隊員というちょっと冴えないスオフォードが主人公。彼も18歳にな…
トラックバック:85
コメント:18

続きを読むread more

「イノセントボイス ~12歳の戦場~」見てきました

 宮崎あおいさんの声で「知っていますか?現在でも世界で30万人以上の子どもが戦場へ送られていることを。」と始まる予告のイノセントボイス ~12歳の戦場~を見てきました。予告を見て、「これは絶対見に行かねば!」と思っていたのですが、期待が大きいものほど裏切られる可能性も大きいので、ちょっとドキドキでしたが、この映画は期待を裏切りま…
トラックバック:33
コメント:8

続きを読むread more