よしなしごと

アクセスカウンタ

zoom RSS カメラ用保険に入ろう

<<   作成日時 : 2006/05/18 23:47   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 先日デジカメを落としてしまって壊してしまったことを書いたと思います。私の場合、ダイビングで海にも持って行くので水没する危険性も高く、そのためアイクスユニオン(AIU保険代理店)の水中カメラ補償プランという保険に入っています。ですから修理代も若干ではありますが保険金が支払われました。ですが、ダイビングをしない人向けの保険はないのかな?と探してみましたのでしょう介します。

 まず、水中補償プランについて簡単に説明します。保険が支払われる範囲は、陸上で落とした・ぶつけたなどによって壊れた場合、水中で水に濡れて壊れた場合(ただし、ウォータープルーフケース、ハウジングなどが物理的に壊れた場合のみ。Oリングをきちんとセットしていなかったなど、適切に使用していない場合は適用外。)、盗難といった場合です。波に流された、無くしたなど製品が回収できない場合は保険適用外になります。国内だけでなく、海外でも大丈夫です。カメラだけでなくストロボや水中ライトにもかけられます。

 免責は1万円。だから修理費が15,000円だったら、保険金は5,000円しか戻ってきません。加入する場合はカメラやレンズの型番、シリアルナンバー、買ったときの金額、買った日が必要になります。保険金を請求する場合は見積もり(もしくは修理不能証明書、これらはお店で修理する場合に「保険会社に提出するから欲しい」というとくれます。)、壊れた部分がわかる写真、申請書を提出します。

 私の場合カメラとレンズで保険金額が372,000円。保険料は1年で22,500円。水没を対象に含めると結構高いんですよね。



 水没を含まない場合はどうかというと、特定動産総合補償という保険になります。AIU保険の場合について説明します。

 補償対象はカメラやビデオ、楽器や大型テレビ、パソコン(デスクトップのみ)など。基本的に上で説明した水中補償プランから水災をのぞいたものです。ただしソフトウェアの故障は含まれないので、ファームウェアのバージョンアップに失敗したなどはたぶんダメ。

 次に保険料ですが、対象物によって違います。カメラやビデオカメラの場合は約2.5%(海外を含める場合は約3.5%)。ピアノなどは0.45%。バイオリンなどは約2%(海外を含める場合は約2.5%)になります。(1年の場合)

 例えば1ヶ月前に20万円で買ったカメラの場合の保険料は5,000円(海外を含めると7,000円)。1.5年前に20万円で買ったカメラの場合は減価償却85%なので保険金が17万円になり、保険料は4,250円(海外を含めると5,950円)になります。ただし1回の契約の最低保険料は3,000円なので、コンパクトデジカメ1つだけというのは入れないかもしれません。

 免責は5,000円(商品によって異なる)。ですから修理代金が15,000円の場合、10,000円が支払われます。



 デジカメの普及で気軽にどこにでもカメラを持って行くようになりましたし、コンパクトデジカメは小さくなってきているのでポケットに入れておく場合も多いです。ふとした表紙に落としてしまって壊してしまう場合もありますので、いざというときに保険に入っておくのも良いかもしれません。

 最近はヨドバシカメラなど、購入時の5%の掛け金で5年保証をしてくれるところもあります。でもこれは基本的にメーカーの保証内容を延長してくれるサービス。ですから落としたなどの場合は対象外です。それだったらこの動産総合補償の方が良いと思います。


 詳しいことはアイクスユニオンに連絡してみてください。担当者もきちんと担当してくれます。

 ※保険料、補償内容は必ず保険代理店に相談して確認してから申し込んでください。






  

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
Google
Web ブログ内




カメラ用保険に入ろう よしなしごと/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる