よしなしごと

アクセスカウンタ

zoom RSS RAW画像撮影のススメ ダイバー編

<<   作成日時 : 2007/10/09 03:57   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

 前回RAW画像撮影のススメという記事を書きました。その記事を書いたのは、今回のSILKYPIX Marine Photographyというソフトを紹介したかったからなんです。

 風景の写真やポートレートの写真で正直失われる色なんて、素人の目にはわからない程度です。ですから少々画像が劣化してもフォトショップエレメントなどの補正でも充分です。もちろんアマチュアでも4つ切りなど大きなサイズに写真屋さんで印画紙にプリントしてもらったりする場合はRAW画像で画質の劣化の少ない修正がオススメですが、普通の人が使うようなL版程度なら、あまり必要がありません。
 ですが、ダイビングの写真は別です。深いところに行けば行くほど色が失われ青しか残らなくなってしまいます。だから明るい外部ストロボを何個も搭載し、明るいライトを持って行くわけです。でもマクロの場合は撮影範囲が狭いので外部ストロボやライトが当たるので良いのですが、ワイド派の僕にとっては撮影範囲すべてをライトでまかなうことはできません。そこで画像劣化の少ないRAW画像が必要なわけです。


処理前処理後
↑あまり良い写真がなかったので、効果が実感できないかな〜。

 ストロボとライトを使っても左の写真のように青味が強くなっているのを、SILKYPIX Marine Photographyで処理すると右のように本来の色が戻ってきます。画像を読み込んでから色補正をするのにかかる時間は10秒でした。(JPEGへの保存時間を除く)このソフトにはあらかじめ5種類の水中用のテンプレートが用意されており、通常はそれを選ぶだけ。4秒で処理が終わります。(パソコン性能によります。)それに追加して濁り除去という処理とシャープネスを施して10秒です。とっても簡単。
 このソフトはもともと通常の現像ソフトSILKYPIX Developer Studioというソフトに水中モードを搭載したものなので、陸上で撮影した写真ももちろんOK。こちらも通常は8種類のテンプレートから選ぶだけ。そして種々の機能で微調整。

 キヤノンのデジカメにはDigital Photo Professional(DPP)とRaw Image Task(RIT)という2つのRAW画像現像ソフトがついています。(ついていない以前の一眼デジカメをお持ちの方はダウンロード可能)RITはキヤノンの画像エンジンDIGIC IIIと同じアルゴリズムなので、デジカメで撮影したのと同じ画像が得られるRAW画像現像ソフト。DPPはもう少し高機能で、ピクチャースタイル非搭載の機種でもピクチャースタイルを適用したり、コピースタンプ機能でゴミ除去などが可能なソフトです。
 今回紹介しているSILKYPIX Developer StudioSILKYPIX Marine Photographyは、さらに高機能で使いやすい。基本はテンプレートを選んで微調整するだけ。SILKYPIX Marine Photographyは、例えば色復元(青みがかったのを元の色に近づける)とか、濁り除去(もやっているのをクリアにする)など、その表現がわかりやすい。
 DPPは「色合い」「色相」「彩度」など、詳しい人には使いやすいのかもしれないけれど、初心者にはいまいちわかりにくいですが、SILKYPIXシリーズでは初心者でも使いやすいです。1時間もしないうちに操作方法がわかりました。フィリピンの写真巾着田の写真はすべてSILKYPIX Marine Photographyで処理した画像です。1枚あたり1分もかからずに処理できました。

 そしてもう特筆すべき機能は、レンズ収差補正です。ワイドレンズは周囲がゆがんでしまいますし、周囲と中心で光量もも違います。安いレンズは赤と青で屈折率が違うため正確な色が出ない場合もあります。これを補正する機能がついています。安いレンズでもきれいな画像ができると言うことです。
 実はライカのレンズを搭載していることをウリにしているLUMIXもカメラ内部でレンズの悪いところをこの機能を使って補正しているのです。ライカと言えば高級レンズですが、今やライカのような高級レンズを必要とせず、ソフトで修正してしまうこともできてしまうのです。
 もう1つが覆い焼き機能。もともと銀塩カメラの場合、暗い部分と明るい部分がある写真を現像する時に明るすぎるところを紙などで覆ってあまり現像させずに、白飛びするのを防ぐ手法です。デジカメの場合も暗い部分を明るくし、明るい部分を暗くすることで、黒つぶれや白飛びを無くす方法。僕が使っているフォトショップエレメント2ではどの辺を明るくするかとかしないといけないのですが、このソフトではスライダを動かすだけ。10秒もかからずに補正が完了します。

 SILKYPIX Marine PhotographyはJPEG画像からでも補正可能です。一眼デジカメはもちろんコンパクトデジカメを使用している方も本当にオススメのソフトです。(JPEGからの補正は画像の劣化が起こること、効果があまり得られないことがあります。)
 撮る楽しみ、撮った画像を印刷したりする楽しみに加えて、自分好みに現像する楽しみを提供してくれるソフトです。

 だが大きな欠点が1つ。それは・・・。まだ市販されていないこと。今は、10月一杯まで使用可能なベータ版がこちらからダウンロード可能です。カメラを持っていくダイバーはぜひ使ってみてください。













テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
処理後の画像の差は、はっきり出ますね
長田ドーム
2007/10/09 20:14
長田ドームさん、こんばんは。
まだRAW画像を撮り始めて間もないのであまり良い写真がなかったんです。今後、どんな写真が撮れるか楽しみです。
よしな
2007/10/09 21:15

コメントする help

ニックネーム
本 文
Google
Web ブログ内




RAW画像撮影のススメ ダイバー編 よしなしごと/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる