よしなしごと

アクセスカウンタ

zoom RSS 映画:ソウ6(SAW VI)

<<   作成日時 : 2009/11/22 17:21   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 22 / コメント 0



 とうとう6作目になりましたね。前回の記事に「まだ続きがありそう」と書きましたが、実際に新作が出ると、ジグソウが死んだにもかかわらず、まだ続けるか。。。というのが正直な感想です。と言うわけで、ソウ6を観てきました。

 当ブログのソウ3〜6の記事はこちら。


●ストーリー(ネタバレあり)
 太った男とやせた女性が向かい合った檻に入れられている。二人の頭にはヘッドギアがつけられ、ボルトが締まると頭に食い込み死に至る仕組みだ。彼らは悪徳の金融業者。返済能力がないと思われる客にも融資し、担保を奪っていく。
 二人が目をさますとスイッチが入った。時間内に自分の肉を切り取り、計りに乗せる。少なかった方のボルトが締まる仕組みだ。男は自分の贅肉を切り取り計りに乗せる。自分に切り落とせる贅肉がないと悟った女性は指を切ろうとする。しかし男が切り落とす肉を見てそれでは叶わないことを知った女性はゴムバンドを左腕に巻き、意識がもうろうとする中左腕を切り落とす。
前作でジグソウ(トビン・ベル)の後継者の犠牲者たちを調べると、そこからストラム捜査官(スコット・パターソン)の指紋が検出された。しかしストラム捜査官の上役のFBIのエリクソン捜査官(マーク・ロルストン)は疑問を抱いて捜査を続けていた。
 一方、ジグソウの元妻であるジル・タック(ベッツィ・ラッセル)は弁護士から渡された遺言と箱を受け取り、その処理を決めかねていた。その箱の中には1〜6と書かれた封筒が入っていた。そしてその箱の中には人物の顔写真などが。ゲームを続けろと言うジグソウからの遺言なのだ。
 ホントの後継者であるホフマン刑事(コスタス・マンディラー)はストラム捜査官の手を使って指紋を残し捜査を攪乱させていたのだ。そのホフマン刑事は封筒の1〜5を手に入れ、ゲームを続行する。

 保険会社の幹部ウィリアム・イーストン(ピーター・アウターブリッジ)は、客から保険金の請求があると客の契約違反がないかを部下に徹底的に調べ上げさせる。請求の半分は何らかの形で拒否をするほどだ。元気なうちは金を吸い続け、病気になると死の宣告しか払われないと言われるほどだった。ジグソウも彼に保険金の請求を断れていたのだ。
 ホフマンはウィリアムをゲームに参加させた。ウィリアムが目をさますと両手両足に小型の爆弾が取り付けられていた。ゲームを拒否すればそれが爆発する仕組みだ。顔にはマスクがつけられていた。向かいには保険会社で働く老人も同じようにマスクをつけられていた。息をすると体がつぶされる仕組みだ。長い間息を止めることができた二人に一人が生き残れる仕組みだ。ウィリアムはそのゲームに勝ち、片腕の爆弾を取り外すことに成功する。
 次のゲームは二人の命を比較するゲーム。持病を持っているが彼女がいなくなれば家族のために稼ぐ人がいなくなる。一方、若い男性は健康だが独り身で悲しむ人もいない。二人を支えるロープを両腕で引っ張るウィリアムだが、徐々に力が入らなくなり若い男性のロープを放してしまう。
 3つ目のゲームは若い女性が迷路に放り込まれている。1分以内に脱出しなければならないが、高温のスチームが吹き出している。ウィリアムがボタンを押している間スチームは止まるが、ウィリアムの方にスチームが吹き出す。火傷をしながらも彼女を出口までたどり着くが、そこから出るための鍵がない。なんとその鍵はウィリアムの脇腹に埋められているのだ。チェーンソーでウィリアムの脇腹を切ろうとする彼女だが、時間切れで死んでしまう。
 さらにゲームは続く。6人の部下が椅子に座らされている。彼らをライフルが狙っている。二人だけ救うことができるのだ。お互いを罵倒し自分だけ助かろうとする6人。

 一方、エリクソン捜査官はテープの音声を解析に回していた。もうすぐ変声器で変えられた犯人の声が解読される。しかもストラム捜査官の指紋は代謝が行われていない指、すなわち死んだあとに腕を切り取った指でつけられた指紋だと言うことがわかった。その瞬間、ホフマンはエリクソンやその部下を射殺してしまう。
 ホフマンは急いでウィリアムのゲームの場へと戻る。

 その頃、ウィリアムが出口に向かうと、女性と子供がおりに綴じ込まれていた。保険金の請求を拒否され手術を受けられずになくなった男性の妻と子供だ。そうこれはウィリアムのゲームではなく、彼女らのゲームだった。彼らがスイッチを「Live」にすればウィリアムは生き残れるが、「Die」にすればフッ酸によってとけてしまう。迷う彼女だが、彼女はできないと泣き崩れる。彼女に感謝するウィリアムだが、息子は許せないとスイッチを「Die」に。次の瞬間フッ酸の注入口がウィリアムに刺さる。二人の目の前でみるみるうちにとけていくウィリアム。

 ゲームを見届けたホフマンは後ろから襲われる。彼が気がつくとヘッドギアがつけられていた。時間内にそれをはずすことができなければ顎が割かれるものだ。そう、6番目の封筒にはホフマンの写真が入っていたのだ。






●感想、思ったこと(ネタバレあり)
 冒頭にも書きましたが、とうとう6作目です。いきなりネタバレですが最後にゲームのターゲットにされてしまうも生き残ったホフマン。と言うことは7作目もありそうだなぁと思っていたんですが、他の方のブログを読むとなんと10作目まで予定があるそうです。ひょえぇ〜〜。
 6作の中で一番見応えがあったというブログもありますが、僕はやっぱり1作目。見終わったあと「やられたぁ〜!」という印象が忘れられません。その点、本作は6番目の封筒がホフマンであることは誰が見てもすぐわかると思います。グロさは変わりませんが、意外性がだんだんとなくなってきていると思います。
 ちょっと残念な映画だったと思います。

 ところで他のブログでも書かれている方が多いですが、アメリカの保険業界を風刺した映画シッコを思い出します。そして冒頭の二人はサブプライムローンのことも思い出します。サブプライムローン問題が世界中で不景気をもたらしましたが、要はあそこでゲームをさせられた二人のように返済能力のない人たちに住宅ローンを組ませたのが発端なんですから。今回の作品は、社会現象も織り込ませていて、不景気のはけ口としてちょっとスカッとしたような気がします。



観て良かった度:●●●○○ 3点 最低1点、最高5点






※3/31までの期間限定キャンペーンです。実際の送料は注文時にご確認ください。




テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

トラックバック(22件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
ソウ6
 『遂にジグソウの遺言と遺品の謎が解かれる!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!』  コチラの「ソウ6」は、遂に6作目となる11/6公開R15+の戦慄のソリッド・シチュエーション・スリラーの最新作なのですが、公開初日に早速レイトショーで観て来ちゃいましたぁ〜♪ハロウィン・シーズン... ...続きを見る
☆彡映画鑑賞日記☆彡
2009/11/23 10:52
試写会「ソウ6」
仕事帰りに虎ノ門のニッショーホールで「ソウ6」の試写会を観てきました虎ノ門は職場を定刻でダッシュしてどんなに急いでも18時30分には到着できないので、仕事のある日にはあまり使えないんだけど、今日の試写会は19時開映ということで、余裕で間に合いました「ソウ」シ... ...続きを見る
流れ流れて八丈島
2009/11/23 11:26
ソウ6/トビン・ベル、コスタス・マンディロア
毎年この時期になると続編が公開されるこのシリーズ。一足早い冬の訪れを知らせるような映画になってしまいました(笑)。しかし、今年いつもと様子が違って宣伝をほとんど見かけないんですよね。六本木のTOHOシネマズでは東京国際映画祭の時期にはフロアに巨大ポスターが飾ら.... ...続きを見る
カノンな日々
2009/11/23 11:34
ソウ6
ソウシリーズの第6作。 ジグソウが始めた殺人ゲームをジグソウの後継者によって引き続き 行われていく様を描いたシチュエーションスリラー。FBI捜査官のストラムの遺体が発見され、現場に残された指紋等から 警察はジグソウの後継者はストラムだったとみなし、事件は解.. ...続きを見る
だらだら無気力ブログ
2009/11/23 12:52
『SAW6』
ジグゾウ、アマンダ、ホフマン刑事、そして元妻ジル。この4人が新たな一本の線で結ばれるこのシリーズ第6作目。 今回の映像はさほどグロくないものの、脚本などちょっとこのシリーズにも陰りが見え始めたかな?と思えるのが少し残念。ですからそろそろ原点に立ち返ってジ.... ...続きを見る
めでぃあみっくす
2009/11/23 13:11
映画「ソウ6」@ニッショーホール
 「ソウ」シリーズの試写会場はいつもニッショーホールである。客入りは悪く6〜7割位で空席が目立つ。 配給会社も複雑に絡み合うシリーズを整理する為か、本編上映前に「ソウ1〜5」を5分程のダイジェストにまとめた「SAW集編」なるものを流す。しかし物語の説明... ...続きを見る
masalaの辛口映画館
2009/11/23 13:26
ソウ6
秋だ!ホラー映画を観よう! 第四弾今年もソウの新作が来ましたよ。今作はこれまでの ...続きを見る
ぐっち〜の映画DAISUKI!
2009/11/23 13:43
ソウ6   あと4作も製作するの
「ソウ」シリーズのファンになってしまったので、見ないわけにはいかない。FBIの捜査が進み、ジグソウの後継者と妻ジルとの入り混じったお話はなかなかまとまりを見せている。この間見た「スペル」と比べると、筋金入りのホラー映画だ。 ...続きを見る
とらちゃんのゴロゴロ日記-Blog.ve...
2009/11/23 13:52
ソウ6
2009年11月6日(金) 17:35〜 TOHOシネマズ川崎5 料金:0円(1ヶ月フリーパス) パンフレット:600円(買っていない) 『 ソウ6』公式サイト フリーパス鑑賞8本目。 惰性で観続けるソウ。今回も観にいってしまった。すべては嫁が箱の中身を見せないからだ。 観る前に復習をするべきか迷ったのだが、5本もレンタルして観る気になれないので、それぞれの結末を忘れていないから良しとした。 本編前に「SAW集編」というセンスの無いタイトルのダイジェストがある。5作それぞれのダイジェスト... ...続きを見る
ダイターンクラッシュ!!
2009/11/23 23:06
SAW6☆独り言
毎年恒例のSAW祭りです。冒頭のSAW集編って^^;;;なんというかネタばれないけど、まぁご親切な演出です。SAW5の中で、一番気になってた箱の中身ええ、これが一応明らかになって、スッキリするというわけなんですが(笑)ここでやっと、FBI捜査官と刑事が区別できましたよ。 ...続きを見る
黒猫のうたた寝
2009/11/24 01:15
ソウ6/SAW VI [映画]
原題:SAW VI公開:2009/11/06製作国:アメリカR15+上映時間:95分鑑賞日:2009/11/07監督:ケヴィン・グルタート出演:トビン・ベル、コスタス・マンディロア、ベッツィ・ラッセル、マーク・ロルストン、ピーター・アウターブリッジ、ショウニー・スミス+あらすじ+FBI捜査官... ...続きを見る
映画鑑賞★日記・・・
2009/11/24 10:06
ソウ6
謎の部屋で目が覚めた保険監査員。凶悪な殺人者ジグソウは、彼に自分と近しい人物達の命を選択する究極のゲームを強いる。ジグソウの意志を継いだホフマン刑事がゲームの行く末を見守るが、警察はジグソウの後継者に繋がる有力な証拠を掴み、捜査の手は確実にホフマンに迫... ...続きを見る
5125年映画の旅
2009/11/24 21:52
ソウ6
...続きを見る
スペース・モンキーズの映画メイヘム計画
2009/11/25 03:23
ソウ6
猟奇殺人犯ジグゾウの真の後継者とは?・・・シリーズの謎が明かされる第6作。 2004年製作の第一作以来、毎年新作が作られ続けている、人気ホラー・シリーズの第6弾です。 殺人鬼ジグゾウ亡き後も、彼の後継者たちによる殺人ゲームは続いていく。 出演は、ジグゾ... ...続きを見る
パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ
2009/11/30 13:16
ソウ6
秋来たりなば「ソウ」遠からじ。今や季節行事的なムードが漂う人気シリーズ第6弾だ。2004年に誕生して以来、ソリッド・シチュエーション・ホラーというジャンルを決定付けたこのシリーズ、いいかげんに終わってくれよ&hellip;という願いを抱きつつ、完全にクセになっている.... ...続きを見る
映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち...
2009/12/03 20:03
ソウ6 - SAW6 - (個人的評価:★★★)
ようやくソウ6を観てきました。 ...続きを見る
尼崎OSよ永遠なれ
2009/12/09 23:10
ソウ6★★★☆劇場145本目:痛々しい“らしさ”が復活!?
11/24の2本目は、既に6作目となるソウのシリーズものを。1作目だけビデオ鑑賞し、2作目からは毎年劇場で観てます。ホラーで、毎年のように続編が作られ、上映される映画も珍しいですよね。みんなの評判で言えば、1作目は素晴らしかったけど、その後は・・って。... ...続きを見る
kaoritalyたる所以
2009/12/30 15:36
SAW6
「SAW6」(2009)を観ました。監督:ケヴィン・グルタート脚本:パトリック・メルトン、マーカス・ダンスタン出演:トビン・ベル、コスタス・マンディラー、ベッツィ・ラッセル、マーク・ロルストン、ピーター・アウターブリッジ<内容>FBI捜査官ストラムが死体となって発... ...続きを見る
paseri部屋
2010/03/27 15:53
映画鑑賞感想文『SAW VI』
さるおです。 『SAW VI/ソウ6』を劇場で観たよ。ネタばれなしです。 ひさびさに、おもしれー。 ついうっかり久々とか言ってしまいましたが、いや、全部おもしろいんだけど、まーとにかく『SAW VI』はけっこう素晴らしい。何が素晴らしいって、今までは、予測の範囲内な上に".. ...続きを見る
さるおの日刊ヨタばなし★スターメンバー
2010/04/10 22:11
mini review 10465「ソウ6」★★★★★★☆☆☆☆
殺人ゲームを仕掛ける殺人鬼ジグソウと、彼のターゲットにされた人々の攻防を描き、大ヒットを記録してきたシチュエーション・スリラーの第6作。今回は、今は亡きジグソウの遺品の謎が解かれる中、ジグソウの真の後継者は誰なのか? といった疑問にスポットが当てられていく。監督はシリーズ第2作から編集を務めてきたケヴィン・グルタートが担当。シリーズの持ち味ともいうべき悲惨な残酷描写の数々と、予想を覆す展開に注目だ。[もっと詳しく] ...続きを見る
サーカスな日々
2010/06/24 01:31
ソウ6
SAW VI 2009年:アメリカ 監督:ケヴィン・グルタート 出演:トビン・ベル、マーク・ロルストン、ピーター・アウターブリッジ、ショウニー・スミス、ジョージ・ニューバーン、ショーナ・マクドナルド、デヴォン・ボスティック、コスタス・マンディロア ...続きを見る
mama
2010/07/28 14:14
【映画】ソウ6
<ソウ6 を観ました> ...続きを見る
★紅茶屋ロンド★
2010/10/25 20:24

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
Google
Web ブログ内




映画:ソウ6(SAW VI) よしなしごと/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる