よしなしごと

アクセスカウンタ

zoom RSS 映画:藁の盾

<<   作成日時 : 2013/08/28 19:11   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0




(基本的にネタバレありですのでご注意ください。)
藁の盾
 予告編を観て虜になった本作。藤原竜也も好きなんです。オーバーな演技が賛否両論ですけどね。

 全国の主要な新聞に掲載された広告「この男を殺して下さい。名前・清丸国秀。お礼として10億円お支払いします。」。掲載主は政財界の大物・蜷川(山崎努)。彼の孫娘・知香はまだ少女ながら清丸国秀(藤原竜也)に無残にも殺され、排水溝に捨てられたのだ。蜷川はその復讐をしようとしているのだ。政財界に顔の利く彼は、大手新聞社の広告担当者を買収し、編集部も知らない間に広告を差し替えさせていたのだ。
 一方、福岡に身を潜めていた清丸は、自分をかくまってくれていた田中という男にも命を狙われ、福岡県警に出頭する。警視庁はその身柄を警視庁に移送するよう命令するが、その際に警護をつけることにする。そこに選ばれたのが警視庁警護課第4係の銘苅一基警部補(大沢たかお)、警視庁警護課第3係の女性SPの白岩篤子巡査部長(松嶋菜々子)、捜査一課奥村武警部補(岸谷五朗)、神箸正樹巡査部長(永山絢斗)だ。彼らは早速福岡県警に飛ぶ。
 福岡県警では警視庁に身柄を渡すために留置場から清丸を出そうとするが、懸賞金に目のくらんだ警察官が清丸を襲う。怪我をした清丸は病院に搬送されるが、そこで看護師にも命を狙われる。
 銘苅らはその病院で清丸と対面し、福岡県警の護送メンバーと共に護送を開始する。ところが空港に向かう高速道路で襲撃を受け、さらに駆けつけた機動隊の中にも懸賞金に目がくらんだ連中が潜伏していた。
 銘苅らは飛行機や車での護送を諦め、秘密裏に新幹線での護送を開始する。上層部やお客にも知らされていない作戦を知っているのは、ここにいる警護官と新幹線の車掌1人のみ。ところが、清丸サイトと呼ばれるウェブサイトには清丸が新幹線にいることが示されていた。しかも乗車している車両まで特定されていたのだ。この中にいる協力者がGPSを使って外部に通知しているのだ。
 途中駅では清丸を殺そうと子どもを人質に清丸に近づく男もいた。説得に応じなかったその男を射殺。他にも清丸に間違われて殺された人たちもいた。
 乗客の安全を担保できないと車掌に言われ、そこからタクシーで護送を開始する。8年前に清丸に殺された少女の父親などに襲われ、さらに蜷川に買収された内通者と分かれ、とうとう銘苅、白岩の2人になってしまう。さらに隙を突かれた白岩は清丸に銃で殺されてしまう。それでも銘苅は一人、清丸を警視庁に護送するのをやめない。
 そして警視庁前では、清丸の命を狙う一般人がたくさん集まっていた。その中には蜷川の姿も。今回の護送メンバーを選んだのは蜷川だったことを聞かされる。銘苅も身内を殺されたことがあり、白岩も女性として清丸のような男を許せない。護送は失敗しそうなメンバーを選んだというのだ。
 しかし蜷川の予想に反して清丸は死なずに警視庁に来てしまった。蜷川は銘苅に説得されて今回の広告は取り消し、殺人幇助の罪で逮捕されてしまう。

 大沢たかおがかっこいいぜ!そして藤原竜也もクズ役を見事に演じているぜ。いや、これはすごい!中学3年でクラス中で殺し合うバトルロワイヤルに参加し、大学生でデスノートで人を殺しまくり、社会人になっては借金をつくってクズ野郎に。そして出所したら今回幼女殺害して自らの命を狙われる羽目に。なんてことを言われていますが、なんかすべて役がマッチしているように思えますが…。特に本作でも、護送中、抜け出した彼が民家で寝ている少女にムラムラ来ちゃうシーンとか、ホントに演技なんだろうかと思っちゃいます(笑)。
 しかしこの作品、すごい数のエキストラに新幹線ロケ。新幹線なんて数分撮影するのに経費が数百万円かかるんだとか。良く予算着いたなぁと思ったら、台湾高速鉄道なのね。あんな新幹線あったっけ?と思って見てたけど、納得です。
 ストーリーもどうなるかわからない展開にドキドキ。邦画でもここまでできるんだ!と邦画を見直した作品ですね。いや、楽しかった。


観て良かった度:●●●●● 5点 最低1点、最高5点















テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
「藁の楯 わらのたて」 言い訳
しかし、三池崇史監督の作品というのは、いつもいつも大きな熱量を持っているな、と思 ...続きを見る
はらやんの映画徒然草
2013/11/09 20:45

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
Google
Web ブログ内




映画:藁の盾 よしなしごと/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる