よしなしごと

アクセスカウンタ

zoom RSS 映画:キャリー

<<   作成日時 : 2013/12/03 18:25   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0




(基本的にネタバレありですのでご注意ください。)
キャリー
 「おまえは悪魔の申し子だよ。狂信的な母(ジュリアン・ムーア)に育てられた娘・キャリー(クロエ・グレース・モレッツ)。「お前を救えるのは私だけ。」そういう母の言葉を信じ、キャリーは俗世的な生活から隔離されていた。学校でも暗くて会話もしない彼女はクラスメイトからいじめられていた。プールの授業の後のシャワーで初潮を迎えるが、性教育を受けていない彼女は自分が何かの病気で死ぬのではないかと半狂乱になってしまう。そんな彼女をクラスメイトのスーザン(ガブリエラ・ワイルド)やクリス(ポーシャ・ダブルデイ)は携帯で動画を撮影し、しかもネットに流してしまう。
 体育教師のデジャルダン(ジュディ・グリア)は罰として厳しい運動を与えるが、それに耐えかねたクリスはその授業を抜け出してしまう。起こったデジャルダン先生はクリスをプロムに行くことを禁止する。一方、スーザンは反省し、女の子のあこがれであるプロムに、キャリーを誘うように彼氏のトミー(アンセル・エルゴート)に言う。トミーは、ほとんど話したこともないキャリーを誘ってもからかわれるだけだと反対するが、結局スーザンの言う通りキャリーを誘う。
 キャリーはからかわれていると思うが、何度も真剣に誘ってくれ、国語教師にも嫌味を言われたのを助けてくれたこともありトミーと一緒に行くことを決める。その事を知ったデジャルダン先生は、また彼女をいじめるのかと問い詰めるが、純粋な気持ちであることを知った先生はキャリーを応援する。しかし狂信的な母親が快く思うはずもない。キャリーは生まれて初めて母親に反抗し、不思議な力を使って母親を閉じこめ、自分で作ったドレスを着てトミーと出かける。
 プロムではみんながおしゃれをし、優しくリードしてくれるトミーと今までに味わったことのない幸せな時間を過ごしていた。
 ところが自分だけプロムに参加することを禁止されていたクリスは彼氏のビリー(アレックス・ラッセル)と協力して、彼女を笑いものにする計画を考えていた。と言うのもブタの血をバケツに入れ、それをキャリーの頭の上から落とすのだ。
 プロムも佳境に入り、いよいよベストカップルの発表だ。トミーは自分たちに票を入れ、いつもとは違う美しいキャリーと女性のあこがれでもあるトミーに票を入れる者も多かった。しかしその集計もクリスが操作をしていた。偽の集計でトミーとキャリーがベストカップルに選ばれて壇上にあがる。その時、クリスが紐を引くとキャリーの頭の上にブタの血が。会場は静寂に包まれ、それは笑いの渦へと変わる。幸せな時間から一気に引き落とされたキャリーだった。しかもトミーの頭に落下したバケツが当たり死んでしまう。耐えられないキャリーの怒りが爆発する。彼女は不思議な力を爆発させ、会場にいた者のほとんどを殺してしまう。華やかなプロムは一気に惨状に。そして彼女は逃げていくクリスとビリーをも襲う。
 彼女によくしてくれていたデジャルダン先生やクリスの悪巧みを知って会場に駆けつけたスーザンら何人かを残してプロムにいた者は惨殺。
 キャリーは家に帰るが悲劇は終わってはいなかった。心配したスーザンがキャリーの家に向かうが…。


 スティーヴン・キングの処女作。オリジナル版は多分テレビで見たことがありますが、まだ子どもだったため良く覚えていません。血の入ったバケツのシーンだけが強烈に脳裏に焼き付いていますが…。子どもの頃だからそう感じたのか、本当にそうなのかはわかりませんが、前作の方が本作よりも残虐だったような気がします。
 前半は切ない青春のラブロマンスムービー。僕的には好きな雰囲気です。後半は残虐なシーンのその対象がいい!と感想に書きたかったのですが、どうも後半は中途半端になってしまったかなという気がします。残虐なシーンのある映画を幾つも見てきたせいでしょうか。ブタの血を用意するビリーもクリスに「これはいたずらじゃない。犯罪だ。」と悪気を反省しているのか楽しんでいるのか中途半端な台詞も気になります。オリジナル版のような強烈なインパクトを受けられなかったのがちょっと残念。。。
 見所は、キック・アスで少女を演じて以来、女性としても役者としても急成長を遂げているクロエ・グレース・モレッツの水着シーンやシャワーシーンなど、マニアにはたまらないシーンが見所か(笑)。



観て良かった度:●●●○○ 3点 最低1点、最高5点

















テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
Google
Web ブログ内




映画:キャリー よしなしごと/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる